こんにちは!なるです。
みなさん年末に向けての準備は整っていますか?
施設では年末に向けて大掃除や、お正月に飾る鏡餅を作るところもあります。
私の職場でも、12月の中旬ごろに法人全体で餅つきがあります。
石臼と杵でちゃんと作るのですが、当日は、入居者さんにも見学や、実際に杵で打つ作業をしてもらって、お餅を一緒に作っています。
出来立てのおもちを飾る用とおやつ用に分け、おやつ用はあんこ入りのお餅にしたりしています。
しかし高齢者の方にお餅を食べさせることは万が一の事故が起きないよう細心の注意が必要になります。
そこで、今回は高齢者の方でも食べやすいお餅のアレンジ法をお教えしたいと思います。

お正月にお雑煮や焼餅などは欠かせないのですが、入居者さんの嚥下の能力が低下してきているので、正直なところなかなかお餅は出せません。
その代りに代用するのが『白玉』です。
しかも白玉も普通に作るのではなく、『豆腐』を混ぜます。そうすることで、モチモチ過ぎない食感になるので、高齢者の方でも食べやすくなります。『豆腐』は高齢者の食事作りには万能の食材なのです!
普通のお餅でも、一回温めてから豆腐を混ぜ、こねて使うと高齢者でも食べやすくなります。

豆腐入り白玉の作り方は簡単。
材料:白玉粉(上新粉)1/2袋 豆腐(絹豆腐がベスト)1/2丁 水適量
作り方:白玉粉と水を入れる際に豆腐を入れてこねます。※豆腐からも水分がでるので、水は白玉の作り方で表示されている量より少し少な目に入れます。
少しずつ水を足していき、生地が耳たぶくらいの柔らかさになればOK!

白玉レシピ1

白玉レシピ1



作るときの形ですが、丸のままだと危険なので、私は押しつぶして平たくしています。
あとはお湯で白玉が浮いてくるまで茹でます。茹で時間を長くすると柔らさがUPします。

白玉レシピ2

白玉レシピ2



嚥下の悪い人は、薄く平たくする方が食べやすいです。

白玉レシピ3

白玉レシピ3



もはや白玉とは言えない形ですが、安全には変えられないので…。それでもみなさん喜んで食べてくれます。あんこをかけてもいいですし、お雑煮のお餅の代わりにするのもいいですよ。

あと、私がよくおやつ時に出すお餅を使った料理をご紹介します。
それは『芋餅』です!
地元鹿児島ではよく食べるもので、とても簡単に作れて高齢者の方でも食べやすいのでぜひ作ってみてください!

材料(2人分):サツマイモ1/2本 切り餅1つ きな粉(大さじ2 砂糖大さじ1 塩小さじ1/2)
【作り方】
・サツマイモを茹でます。電子レンジでもOK 火が通りやすいように、切っておくといいです。電子レンジの場合はボウルに水を浸して5~7分(600W)加熱します。

いもレシピ1

いもレシピ1



・茹で上がったら、すり鉢に入れます。
・切り餅をすり鉢に入れて電子レンジで温めますor 鍋でゆがく。(電子レンジでは40秒程)
・温め終わったらすり鉢棒でサツマイモをつぶしながらお餅と混ぜ合わせます。

いもレシピ2

いもレシピ2



(ちょっとボウルが黄色で分かりにくいですが…。)
ねっとりしてくるくらいが目安です。
・最後にきな粉をかけて完成です。

いもレシピ3

いもレシピ3



時間がたつとお餅が固くなってしまいますが、電子レンジで30秒程温めたら、またお餅が柔らかくなります。
お芋が入っているので、嚥下の悪い方でもペロッと食べられます。入居者さんにも職員からも人気ですし、とっても簡単なのでぜひ作ってみてください。

また、高齢者の方が大好きなおはぎもよく作ります。
作るときは、お米ともち米を2:1の割合にして、炊飯器で炊くと食べやすくなります。
※炊き上がったときにすり鉢棒でこねるのですが、こねすぎると粘りが出すぎるので、20回を目安にこねて粘りが出すぎないように注意してください。

いかがでしょうか?少し工夫をすれば、高齢者の方でも安心して食べさせることができますので、ぜひ試してみてください!
ブログ内検索
Search This Blog
ブロガープロフィール
Blogger Profile

hasegawa-kuwana

性別:
お住いの地域:
趣味:

自己紹介

HP

最新記事
New Post
カテゴリー
Category
PAGE TOP