こんにちは!なるです。
新年までのカウントダウンが始まりましたね。
皆さんは年末どう過ごす予定ですか?
施設に入居している方は、ご家族の家に帰って新年を迎える方もいれば、そのまま帰宅せずに施設で新年を迎える方もいます。どちらかというと施設で新年を迎える方の方が多いです。

入居している方にとっては、家族と過ごす方が嬉しいことですが、家族の方にとっての負担も大きくなります。
以前外泊をしてこられた方のご家族が、『夜間のトイレが大変だった』と言っていました。
私の職場の入居している方達も、夜間一度もトイレに起きないという方はほとんどいません。多い方では10回以上行く方もいるほどです。その度に家族が起きて付き添うとなるとかなりの負担にもなるでしょう。そこで、無理して外泊ではなく、外出というかたちで家族で集まって食事をするのはいいと思います。
短時間でも施設に入居している方にとってはとても嬉しいことですし、ご家族の方々にも負担は少ないです。
そこで外出の際の注意点をいくつかあげます。

・転倒に注意!
高齢者の転倒は、いつどんな時に起こるかわかりません。できるだけ側に付き添って下さい。

・薬の服用忘れに注意!
もし、服用している薬があるのなら、外出の際は飲ませ忘れがないように気を付けてください。(外出の際にはスタッフから説明があるはずです。)

・食事を一緒にする場合は、ペースに注意!
自分より食事の食べるペースが速い人が目の前にいると、焦ってしまい無理をして食べてしまうという方もいます。(以前、家族との食事に行かれた方で、詰めこんでしまって喉に詰まらせて緊急搬送された方もいます。)ゆっくり食べてもらうよう声掛けをしてください。

・長時間の外出での体調崩しに注意!
高齢者の方は疲れやすいです。長時間の外出はとても体力を消耗します。中には、外出した疲れからか発熱をしてしまう入居者さんもいました。なので、目安としては1~2時間の間で済ますのが好ましいと思います。

このように外出には何かとリスクがあり、家族の方も怖いと億劫になるかと思います。実際、施設に入居している方で家族と外出をする方は、わずかであることも事実です。
しかし、家族と一緒の時間を少しでも過ごすことは、とても大事なことなのです。
5分・10分でも外に出て、散歩をする。これだけでも十分な外出になります。
家族一人が負担して介助するのではなく、年末に家族がたくさん集まるこの時期に協力してみるのはいかがでしょうか?
少しでも多くの方が、家族と過ごすことができるきっかけに繋がればいいと思います。
なんだか固くなってしまいましたが、皆さんよいお年をお過ごし下さい。
ブログ内検索
Search This Blog
ブロガープロフィール
Blogger Profile

hasegawa-kuwana

性別:
お住いの地域:
趣味:

自己紹介

HP

最新記事
New Post
カテゴリー
Category
PAGE TOP