第17回『ホームの入居者様が望んでいた意外な食事とは?』

こんにちは!介護福祉士木蓮です!
今日は、「認知症の方が食べたがっていた意外な食事?」についてお話ししたいと思います。

おせち料理も飽きてきた1月の中旬、私たちスタッフは献立作りに頭を悩ませていました。入居者様たちにも、今一番食べてみたい料理を聞いてみましたが、
うーん…と頭をひねり、答えが返ってきませんでした。ちょうど、リビングでTVをつけていてCMになりました。すると、カップラーメンのCMが流れました。

「そーいや。カップラーメンなんて食べていないよな」
「ラーメン屋のラーメンとは、また違った味でいいのよね」
「そうそう時間が無い時なんか、けっこう助かっていたのよね」
など、カップラーメンの話しで盛り上がっていました。すぐさま「これだ!」と思い、
「あのー、お昼にカップラーメンとおにぎりは食べてみたくないですか?」
と尋ねてみました。すると、意外にも
「あ、いいわね。私、味噌ラーメンがいいわ!」
「俺は醤油ラーメン!」
など、皆さん積極的に自分の希望をお話ししてくれました。あらかじめ、皆さんからの注文を取り、スーパーでミニカップラーメンを買いました。そして、おにぎりはご飯をいっぱい炊いて、鮭や梅干し、おかかなど数種類のおにぎりを作りました。

まだ自立度の高い方には、スタッフと一緒に握って頂きました。皆さん、自分の出来る範囲でお手伝いをすることが嬉しそうでした。カップラーメンにお湯を注いで3分、温かい湯気とともにホワッと美味しい匂いがホームの中を漂いました。

さぁ、お待ちかねのお昼ご飯のスタートです。皆さん、自分の食べたかったカップラーメンを食べることが出来て、
「いやー、味噌ラーメン旨いね!」
「この醤油ラーメンだって、なかなか美味しいよ」
「ラーメンばっかりじゃなくて、私が作ったおにぎりだって食べてよー」
など、ワイワイガヤガヤと、いつも以上に盛り上がった昼食時間でした。皆さん、いつものお昼ご飯とは、また違った満足感が得られたようでした。

考えてみると、私たちは、カップラーメンやハンバーガー、アイスなどを好きな時にコンビニに行って、好きな時に食べられます。だけど、施設に入所している方はそうはいかないのが現状です。今さらながら、改めて考えさせられる出来事でした。

さて、次回は「節分の出来事」のお話です。お楽しみに!
ブログ内検索
Search This Blog
ブロガープロフィール
Blogger Profile

hasegawa-kuwana

性別:
お住いの地域:
趣味:

自己紹介

HP

最新記事
New Post
カテゴリー
Category
PAGE TOP