こんにちは。介護福祉士の木蓮です。
残暑厳しい毎日ですね。皆さんは夏バテしていませんか?

夏になると、私はある入居者様を思い出します。Aさんという当時80代の女性だった方の事です。Aさんは、若い頃にとてもお金に苦労されていて、朝から晩まで、びっしり働いていました。とても、辛抱強く頑張り屋さんでしたが、一つだけ困った事がありました。それは、「お金に対する執着心の強さ」です。
毎日、10時のコーヒータイムの時間を迎えると、必ず「ハッ!」とスイッチが入ったように、足早にお部屋に行き、また居間に戻って来て、「私のお金が無くなった!」と泣きながら、みんなに訴えます。普通は「お金は事務員さんが預かっているから大丈夫ですよ。」と優しく目線を合わせて語りかけると、「そうなんだ!良かった~!」と、笑顔に戻ります。それでも、認知症の方なのですぐに忘れて、一日に何度も繰り返しますが、この様な対応をすると、すぐに落ち着かれていました。
そして、いつもならこの『物盗られ妄想』も、日中に起こっていましたが、私の夜勤の日に起こりました。この日は、とても蒸し暑い夜でした。22時頃になり、みんな寝静まった頃、それは始まりました。
Aさんがバッグを持って、私の所に足早に来ました。…Aさんの目は、吊り上がり険しい表情をしていて、いつもとは明らかに違いました。優しく目線を合わせて語りかけても効果はほとんど見られず、1時間近くも堂々巡り。
今晩は格別に暑くて、私も次第に疲れてきました。Aさんに「ひとまず何か飲みましょうか。」と提案すると、「そうだね。」と、渋々返事をされました。そこで、私は無意識にアイスココアを作ってお出ししました。Aさんは「あぁ。美味しいね〜!」と、ゴクゴクと飲み干して「そろそろ休むわ。」と部屋に戻って行きました。また来るかな…と思っていましたが、そのまま朝までグッスリお休みました。

どうしたものかと思いましたが、暑さでイライラして物盗られ妄想に拍車がかかったのかもしれません。そして、よくココアには安眠作用があると聞きますが、これも功を奏したのかもしれません。

物盗られ妄想の対応で困っている方が沢山いるかと思います。色々な対応の仕方がありますが、一緒にお茶を飲んで、まずは一息入れてみるのも良い手段かもしれません。

次回は大人気のカラオケ大会についてのお話です。お楽しみに。
ブログ内検索
Search This Blog
ブロガープロフィール
Blogger Profile

hasegawa-kuwana

性別:
お住いの地域:
趣味:

自己紹介

HP

最新記事
New Post
カテゴリー
Category
PAGE TOP