第4回『民間施設と介護保険施設のメリットとデメリット』

皆さんこんにちは!介護施設長をしておりますMasaです。
私が住んでいる長崎では「おくんち」というお祭りが始まりまして長崎市内は大変賑わっております!ぜひ1度おいで下さい!
私共の施設でも高齢者の方々はとても楽しみにしています!
ドライブで行こうと職員一同、一緒に楽しみたいと思います!

さて今回は民間施設と介護保険施設のメリットとデメリットについて分かりやすく説明していきたいと思います。

○民間施設のメリットとは
民間施設は簡単に言えば高齢者専用住宅なので、そこを家として介護保険を利用し、デイサービスやヘルパーさんが来てくれます。なので、自由な時間を持つ事ができ時間にとらわれない生活が可能になります。
外出も自由にでき、なんといっても民間施設によって高級感を売りにしている所やリハビリに特化している所。中には病院を併設している所も沢山あるので自分のスタイルに合わせて選択する事ができます。
また、入居した時には介護を必要としていなかった方でも特別擁護老人ホーム等に引越しする事無く介護保険サービスを受けて生活を続ける事が可能です。

○民間施設のデメリットとは
介護保険施設に比べ料金が割高という所が一番のデメリットになります。
又設備やサービス内容の違いが民間施設によっては様々なので、選択肢が多いのはいいのですが、探す手間が掛かる点です。

○介護保険施設のメリットとは
民間施設に比べ料金が割安な所です。又、民間施設で介護保険サービスを利用していても、要介護5など重度になると介護保険の限度負担額を超えてしまい1割負担が10割負担になり物凄い金額が掛かります。しかし介護保険施設であれば、どれだけ介護の頻度が多くても料金は介護度によって一律なので心配は要りません。そして何より介護士、看護師の数が民間施設と比べると倍以上配置されているので安心です。

○介護保険施設のデメリット
2015年4月より介護保険改正により要介護3以上しか入所できなくなりました。(特例はあります)さらに、入居希望の待機者が多いところでは100人程いたりと、何年も待つ方も大勢いらっしゃいます。
又、民間施設に比べ時間の縛りがある為、自由が若干損なわれます。

まとめ
民間施設と介護保険施設では様々なメリット・デメリットがありますが、民間施設に現在注目度が高いのでぜひ一度見学をしてみるのが良いと思います。
ぶっちゃけた話が介護保険施設は昔の精神科病棟に似ています。(様々な所をみてきました感想です)しかし、見合った施設は必ずあります。ケアマネジャーが大体の情報を持っているので聞いてみましょう。
ブログ内検索
Search This Blog
ブロガープロフィール
Blogger Profile

hasegawa-kuwana

性別:
お住いの地域:
趣味:

自己紹介

HP

最新記事
New Post
カテゴリー
Category
PAGE TOP