転倒事故

なぜ転倒事故が起きるのか

高齢者は下肢筋力の低下により、ちょっとした段差でも簡単に転倒してしまうことがあります。

転倒場所として多いのは、浴室。濡れた床のタイルでは、若い人でも滑って転ぶことがありますが、下肢筋力の低下した高齢者ではそのリスクが高まります。他にはトイレも危険な場所です。狭いトイレ内では足元が見えにくいため、転んで便器に身体を打ちつけてしまうケースもあります。転倒リスクがある高齢者の場合は必ず介助を行うようにしましょう。

さらに注意が必要なのは、臥床状態から起き上がるときの転倒リスクです。例えば、深夜にトイレへ行こうとした時。寝起きで意識がはっきりしていなかったりすると、ふらついて転んでしまうことがあるのです。

転倒事故への対応

どんなに注意を払っていても介護現場では転倒事故が起きてしまうことがあります。高齢者の転倒事故は命に関わりかねないので、迅速に対応しなければなりません。

そのためには以下のようなポイントが挙げられます。

  • 転倒を発見した場合、本人に痛みがあるかどうかを尋ね、外傷の有無を確認する。可能であればバイタルも測定すること。意識が無いなどの場合は、迅速に救急搬送の手続きを行う。
  • すぐに動かさない。怪我の状態によっては悪化させてしまう恐れがある。
  • 看護師を呼び、指示を仰ぐ。勝手な判断を行うことが一番危険な行為。
これらを迅速かつ的確に行えるように日頃から意識しておきましょう。

転倒事故への予防

では、どうしたら事故を防げるのでしょうか。予防策としては、事故報告書やヒヤリハット報告書を活用し、事例別検討会を開き、生活スペースのどこに危険が潜んでいるのか、何が原因なのかを分析し、検証していくこと。

また、それぞれの利用者によって転倒リスクは異なりますので、ADLや抱えている疾病、精神状態、生活の意向などを個別に把握しておかなければなりません。

ADLに関しては、日々変化していくものなので、随時再アセスメントを行うことも必要です。その際、一日のうちの限定された時間帯でのチェックだけで終わらせないこと。日中は歩行が可能な利用者でも、寝起きでトイレに行こうとした時にふらついて転倒してしまうこともあるからです。24時間を通じた本人の経過記録を作成することが不可欠です。特に、介護施設の場合は、日勤担当者と夜勤担当者の利用者情報の共有にズレがあると、思わぬ事故やトラブルが起きかねません。

大きな事故の前には必ず予兆となる出来事があります。職員全員が事故・ヒヤリハット事例、それぞれの利用者についての情報を共有する体制づくりが求められます。

ヒヤリハットについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP