介護現場での事故

5種類の事故

介護の現場では様々なヒヤリハットの事例がありますが、それを見逃してしまうと、大きな事故にもつながってしまいます。主な事故は5つ挙げられます。

  1. 転倒
  2. 高齢者の多くは、加齢に伴い下半身の筋力が低下しがちです。足を上げる力が弱くなると、すり足歩行になり小さな段差でもつまずいて転んでしまうことがあります。バランス能力も低下しがちなため、椅子から立ち上がろうとしたときによろめいて転倒するケースも多く見られます。

     

  3. ベッドや椅子などからの転落
  4. 高齢になると身体・感覚機能が低下するため、ベッドから降りようとしたときも転落してしまうことがあります。特に認知症の症状を抱える高齢者の場合は、そのリスクが高くなります。介護現場では転倒・転落が事故全体の8割を占めているといわれ、骨折や内出血といった怪我も少なくありません。特に頻度が高いのは大腿骨頸部骨折で、歩行能力が損なわれたり寝たきりやそれに近い状態になってしまうこともあります。

     

  5. 誤嚥・誤飲
  6. 高齢者は喉の機能が低下すると、食事中に食べ物を喉に詰まらせたり、気管に入ってしまうケースがあります。また食べ物や飲み物だけでなく、自分の唾液やタンでも喉を詰まらせる場合があります。雑菌が肺の中に入ると、誤謬性肺炎の発症リスクも伴います。

     

  7. 介護ミス
  8. 介護ミスの例として、おむつの交換時に体位を変えようとしてベッドから転落させて骨折、着替えの際に爪でひっかいて肌を傷つけてしまったなどが挙げられます。高齢者は骨や関節・皮膚が弱くなっています。少しの刺激でも受傷する恐れがあるので注意が必要です。

     

  9. .食中毒や感染症
  10. 高齢者は免疫機能が低下しているため、風邪と思っていたらインフルエンザに感染していたということもあります。

     

    このような事故が市町村に報告されていますが、これはほんの一例にすぎません。現場では正しい数の把握が必要となります。

 

介護事故が発生する要因

 介護現場で事故が発生する要因としては、大きく分けて3つ挙げられます。

  1. 介護を受ける側に潜むリスク
  2. 本人が抱えている疾病やADL(日常生活動作)の低下、その時々の精神状態、生活背景が大きく関わっていきます。高齢者の心身状態や生活に目を向けずに、行動を制御しようとすると本人の尊厳を無視したケアになり不満を募らせることになります。それによって新たなリスクも生じてしまいます。

     

  3. 介護者側に潜むリスク
  4. 介護する側も人間です。日々抱えるストレスや疲労などにより集中力が低下することもありますし、イライラしていると丁寧なケアが難しくなります。介護者に対するケア・労働環境の改善も重要となります。

     

  5. 生活環境に潜むリスク
  6. 介護現場では転倒・転落事故が全体の8割を占めます。その原因として環境の未整備も挙げられます。例えば少しの段差が越えられず転んでしまった、福祉用具が合っていなかったなどです。

     

    介護事故を防ぐためにはリスクを洗い出すとともに、様々なヒヤリハットに気づき、職員間で情報共有していくことが大切です。

介護現場でのリスクマネジメント

身心の状態が衰えている高齢者は、常に事故リスクを抱えています。椅子やベッドからの転落・転倒などの事故をいかに防ぐか、つまりリスクマネジメントが重要になります。

そのためには、介護事故防止の仕組みを作ることが必要です。まず安全のための専門委員会を設置し、事故・ヒヤリハット事例ごとに「再発の危険性はあるか」「他の事故につながるリスクはあるか」「現場の業務に支障はでているか」などについて分析し、対応策を検討します。 

その際、各事例を▽緊急性が高い(Aランク)▽「潜在的リスク」の疑いがある(Bランク)▽特段リスクは認められない(Cランク)――の3ランクに分類しておくと、明確に状況を把握できます。

職員間の情報共有を図るとともに、業務手順書の整備、研修、家族との関係構築などにも取り組んでいきましょう。

ヒヤリハットについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP