ヒヤリハットとは

介護現場のヒヤリハット

介護現場では、ヒヤリハットというリスクコントロール手法が活用されています。ヒヤリハットとは、重大な事故にはつながらなかったものの(ヒヤリとした)、事故になってもおかしくなかった(ハッとした)体験・事例のことをいいます。

ヒヤリハットそのものは事故ではないのですが、多くのヒヤリハットを発見することで、事故のリスクを軽減することができます。人に密接にかかわる介護の現場では、小さなミスが生命を脅かす重大な事故につながりかねないため、ヒヤリハットの分析が重要視されているのです。

ヒヤリハットについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP