福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の説明と取得のメリット

福祉用具専門相談員とは、その方の状況にあった福祉用具の選定や使い方など相談や用具の調整等を行う専門職です。介護用具にも種類がたくさんあり、どのようなものが本人に適しているのかや、使い方がすぐに分からないことがあります。そのような介護用品のニーズに応えるのが、福祉用具専門相談員です。福祉用具を適切に使用できないと、けがなどを起こしてしまう恐れがあります。福祉用具専門相談員がいれば、福祉用具の使い方やその現場にあったものの選び方を聞くことができるので、現場での不慮の事故も減ります。福祉用具貸与事務所には、必ず2名は置くことになっています。今後、高齢化社会が進むと福祉用具貸与事務所も増えていくことが予想されますから、ますます需要が高まる資格であります。福祉用具貸与事務所だけで活躍が期待されるのではなく、色々な場所で活躍しているのです。新しい福祉用具を開発し続ける福祉用具メーカーにもいます。また、福祉用具を主に使う福祉施設や訪問介護事務所でも、実際の使い方を指導するのにこの資格があった方が良いのです。最近ではホームセンターでも介護用品を売るようになってきたので、福祉用具専門相談員の資格を持っていれば、介護用品コーナーで重宝されるます。こういったところに就職するのであれば、福祉用具専門員の資格を持っていた方が有利になります。

取得するまでに学習する内容

どのようなことを学習すれば福祉用具専門相談員の資格が取れるのかというと、福祉用具を販売するための知識が主な内容です。介護に関わるので、国の介護に関する制度を知っておく必要があります。福祉用具専門相談員は何のために存在し、何をするべきなのかを改めて理解します。介護とは何なのか、何を目指すべきか理論的に習得していくことも項目の一つです。福祉用具サービスはどのような仕組みになっているか、福祉用具を選んで、現場でどう使うかなども重要です。人間の体はどのようになっているかを知り、どうリハビリテーションをすれば良いのかも知っておかないといけません。在宅で行う医療のやり方についても学んでおくことが、用具の選定に役立つこともあります。高齢者がおちいる疾患や障害についての知識があれば、その人に会った用具を提案できるのです。健康について考える時に重要な指針についても学んでいきます。福祉用具専門相談員に必要な用具の選び方に関する演習を行っておく必要もあるのです。実際に用具を選定し、その人に合った援助の計画を立てて、グループで意見交換を行い、書類に落とし込む演習です。教科書を使った学習だけではなく、実践的な学習もあるため、幅広い能力が身につきます。

取得方法

福祉用具専門相談員養成研修の講座を受講すれば取得が可能です。自治体や民間企業で開講している講座です。地域によって開講している講座が少ないところや多いところがありますので、受講を検討するにあたり確認してみて下さい。講習時間は、2015年の改革により40時間から50時間に変更されました。受講料は3万円から5万円で地域や企業によってばらつきがあります。修了するためには、1時間ほどの修了評価試験に合格する必要があります。受講するための条件は特になく、誰でも受講することができます。土曜日・日曜日に集中して講座を開いているところもあるので、平日働いている方も参加しやすくなっているのです。一般企業の講座では一週間連続して開講し、一週間で資格が取れてしまうところもあります。
福祉用具専門相談員の指定講習を受けずとも、この職種の業務を行うことは可能です。介護福祉士・社会福祉士・保健師・正看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・義肢装具士などの国家資格を取得していることが条件です。

介護の資格についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP