介護福祉士

介護福祉士の説明と取得のメリット

介護福祉士は、高齢者や障がい者といった日常を送る中で助けを必要とする人たちに介助や支援を行い、身体的にも精神的にも安心した生活ができるよう促すことが主な職務です。介護福祉士は国家資格であり、その専門性が国から認められている資格です。
介護福祉士を取得するメリットは、持っていることで周りの職員や利用者・家族から強い信頼を得やすいということです。人手不足が叫ばれる業種だけに引く手あまたではありますが、この資格を持っているのといないのとでは利用者・家族にとって安心感が違うはずです。また、無資格や初任者研修・実務者研修の場合より、介護福祉士の資格を有する方が給与が増額するというメリットもあります。
また、社会福祉士が書類の作成や介護周辺の環境整備に伴う間接的支援に職務内容が留まるのに対し、介護福祉士はより直接的に介助を必要とする方に寄り添い、その生活や行動を支えることができます。現場で活躍できることもまた介護福祉士のメリットと言えます。これは社会福祉士がソーシャルワーカー、介護福祉士がケアワーカーという別名をそれぞれ持っていることからもうかがえます。

取得するまでに学ぶ内容

公式に筆記試験の範囲として示されているのは以下の分野です。「人間の尊厳と自立、介護の基本」「人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術」「社会の理解」「生活支援技術」「介護過程」「発達と老化の理解」「認知症の理解」「障害の理解」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「総合問題」などです。社会的弱者とも呼ばれている高齢者や障がい者を支えることがその職務であるために、支援をする対象者の社会的背景・心情的背景・身体的背景を理解することが求められていることが分かります。他にも認知症に関する知識や理解、医療的ケアは欠かせないところです。この他にも、介護の根幹である介護技術や生活の支援技術は筆記試験でも問われるだけでなく、実技試験でも実際に試験官の前で実演する機会が設けられており、重視されていることが分かります。以上のように、介護福祉士は、外語現場で働くにあたり必要な知識や技能の定着を求められますが、必要とされる知識の幅が非常に広いことが見て取れます。これらの内容は必ずしも現場での実務経験だけで学べるものばかりではないので、別途学習が必要だと言えます。

取得方法

介護福祉士の受験資格を得るには大きく分けて2つのルートがあり、実務経験を積むか、学校などで必要な単位を修得するかのどちらかです。実務経験ルートでは、介護職としての経験が3年以上(出勤540日以上)であることと、実務者研修を取得していることが必須となります。学校ルートでは、学校の種対によって要件が変わります。以前は養成校によっては、カリキュラムを修了すれば介護福祉士を取得することができたのですが、今後は国家試験を受験しなければならないことに決定しました。詳細については、厚生労働省による資料を参考にして下さい。
年1回の国家試験は、全国33会場で行われる筆記試験と、北海道や愛知などの地方中枢都市を中心に全国8会場で行われる実務試験の2つがあり、基本的には両方に合格する必要があります。実務経験者や実習を経て受験する場合などは、実務試験を免除されます。介護福祉士国家試験には、毎年13万人から15万人が受験しており、合格率は60%前後で推移しています。しかし、近年60%を大きく割る年もあり、簡単な試験ではないことがうかがえます。社会福祉全体、高齢者分野、障がい者分野と、介護と一口に言っても出題範囲がとても広いため、自分が専門としていない分野についての知識も必要となる可能性があるのです。

介護の資格についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP