介護職の離職率について

介護職の離職率について

近い将来、高齢化社会の波とともに介護職員の数が足りなくなると言われています。そこで現状の介護職の離職率について、介護労働実態調査をもとに説明します。
まず平成25年度の全産業平均離職率が15.6%、介護職の離職率が16.6%です。見ても分かる通り特別に介護職の離職率が高いわけではありません。介護離職者の内訳はというと、正規雇用者よりも非正規雇用者の方が多い傾向にあり、また離職者のうち73.2%が3年未満の勤続年数でした。さて、それでは働き出して3年未満で辞めてしまうその理由はどこにあるのでしょうか。平成25年度の介護労働実態調査結果の離職理由に焦点を当ててみると、1番多くあげられた理由が職場の人間関係でした。医療福祉業界においては看護師や様々な医療職種が密に連携しチームで動いているため、その分ストレスも高くなりやすいと言えます。しかし、ここで注目すべきポイントは離職理由に「仕事内容への不満」がランクインしていないことです。同調査と並行して行われた、介護の仕事を選んだ理由として1位であった「働きがいのある仕事だと思ったから」からも分かる通り、仕事内容への高い満足度を得られる職種であるようです。これらのことを踏まえて今後、介護業界で長期間働いていこうとお考えの方には、職場の規模や雰囲気をよく吟味した上での職場探しをお勧めします。給料や待遇面にばかり目をやるのではなく、働きやすい職場を選ぶことも大切なのです。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP