ホームヘルパー(訪問介護員)の資格

なるための必要資格

ホームヘルパー(訪問介護員)になるための資格ですが、これは平成25年度に一度、大きな転換期を迎えています。それ以前は、ホームヘルパー1級,2級,3級があり、その級に応じて学習内容や実習内容が異なっていました。しかしまず3級の制度が廃止され、それに続くような形で平成25年4月からは1級と2級の養成講座が廃止されています。つまり事実上、ホームヘルパーのみに特化した資格制度は廃止になっていると言う具合です。その代わりに誕生した介護の基礎的な資格が、介護職員初任者研修と実務者研修です。初任者研修はホームヘルパーの2級に該当する内容を学習するもので、介護に携わる初心者に対する知識や技術を学習するものとしての位置づけがなされています。実務者研修はホームヘルパー1級に該当します。現在、ホームヘルパーになるにはこの2つのいずれかが必須となっています。

ホームヘルパーにおすすめの資格、そのメリット

先にも述べたように、ホームヘルパーになるためには介護職員初任者研修または実務者研修が必要です。一般的に実務者研修は初任者研修を修了した後に受講する人が多いため、ホームヘルパーになるためには介護職員初任者研修を修了することが一番の近道だと言えます。また取得に要する時間も異なっており、実務者研修は研修時間が450時間で、介護職員初任者研修は130時間なので初任者研修の方が取得もしやすいです。また、介護職員初任者研修の講座が自治体や介護事業所などによって開かれていることも非常に多いので、講座数から考えてもとても受けやすい研修だと言えます。
ホームヘルパーとして3年以上の経験を積めば、ステップアップとして介護福祉士を受験することができるようになります。介護福祉士は国家資格であり、より専門的な知識と技術を有していることが認められているので、より専門性の高い仕事を任せられることも多くなります。それにより、やりがいや責任感と言う面でもさらに重みが増してくると言えます。

資格の有効期間、その他効力

介護職員初任者研修・実務者研修ともに、現在は有効期限がありません。介護福祉士についても同様ですが、こちらは試験合格後、登録をしなければならないのでその点には注意して下さい。
ホームヘルパーになるために必要な介護職員初任者研修や実務者研修は、手軽に取得できるものでありながら、キャリアアップ視点から見てもメリットが多いのが魅力です。キャリアアップしていくためには介護現場で経験を積んでいかなければなりません。そのためには働きやすい条件や環境が必要と考えられます。介護職員初任者研修や実務者研修を修了していれば、資格手当が付与され給与が上がったり、周りから評価され仕事を任されることが多くなったりします。特に実務者研修を修了すれば、サービス提供責任者になることもできるので、訪問介護で長く経験を積みたい方には持っておいて損がない資格だと言えます。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP