生活相談員の資格

なるための必要資格

生活相談員というのは、介護施設やデイサービスなどの現場で利用者を受け入れるための説明や手続き・調整などを行なう窓口的業務のことを指します。「生活相談員」という名の資格があるわけではなく職種名のため、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などの資格を持っておくとよいです。取り上げた3つの資格は生活相談員の資格として、社会福祉法ならびに厚生労働省令で認められています。しかし、生活相談員の要件については自治体によって異なるため、3つの資格がなくても業務を行うことは可能です。
生活指導員の仕事は直接人の役に立てるというやりがいがある仕事です。ただ難しさもあり、利用者と施設との間で板ばさみになることも多いですし、利用者の相談に対し即座に適切な対応をしなければなりません。多くの資格を取って知識をしっかり持っていること、様々な経験を持っていることが生活相談員として働く上で重要です。それにより利用者やその家族の安心にも繋がっていきます。

生活相談員におすすめの資格、そのメリット

生活相談員になるのであれば、専門資格として認めらている社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格を取得することが特におすすめです。しかし。生活相談員という名前で募集しているからといってどこも同じ仕事内容ばかりではありません。介護職員としての仕事を兼務する職場もありますし、書類作成のためのパソコンスキルを求められる場合や利用者を送迎するためにも普通自動車免許が必要な場合もあります。施設ごとの仕事内容をよく調べた上で職場選びをすることが重要です。
介護現場には様々な職種がおり、同じ現場で働くのであれば多職種の知識やスキルを持っているこは現場運営をしていく中でとても役に立ちます。その例として、ケアマネージャーや管理職が挙げられます。これらは、生活相談員からのステップアップの道としても考えられているもので、給与アップも十分に見込める職種です。
利用者やその家族・施設との調整役となる生活相談員には、コミュニケーション能力も求められます。生活相談員は架け橋として、連絡・調整役としてあらゆる事態に対応できるだけの知識や経験が必要です。利用者にとって相談しやすい存在になることや相談しやすい環境を整備することも重要で、あらゆる面でのエキスパートとなる必要があるのです。

資格の有効期間、その他効力

現在、生活相談員の配置があるデイサービスを利用する人の数も増え、生活相談員のニーズはさらに高まってきています。生活相談員の資格として認められている社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格は、一度取得すれば更新の必要がなく有効期限もありません。
介護業務が兼務で生活相談員としての仕事があまりできないという現場が不満であれば、そこでの経験を活かして転職を目指すのもいいでしょう。介護業務が兼務かそうでないかなど、職場によって業務は異なりますが、生活相談員としての経験があるということがきちんと評価される業界ですので違った現場でも活躍できるはずです。
先にも述べたようにキャリアを積んだ上で、ケアマネジャーの仕事を目指すのもいいでしょう。生活相談員の専門資格には有効期限がないため、取得したままケアマネージャーとして従事することができます。また生活相談員は介護業務を兼務する施設も多いのに対し、ケアマネージャーはマネジメント業務だけに従事できる施設も多いです。他に、施設長・センター長など管理職の立場を目指し、施設全体の経営に関わる側に回る道もあるでしょう。生活相談員は将来的なキャリアアップの道が多くあり、経験を積みながらその後のことが考えていける職種なのです。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP