生活相談員の仕事内容

仕事の概要

生活相談員とは、高齢者や障害者の支援施設などの福祉施設で、利用者やその家族の相談を聞き助言したり、利用者の受け入れやサービス利用の契約・受け入れに関わる現場との調整などを行ったりする職種です。ただし施設によって、求められる機能などは多少異なっており、仕事内容にも幅があります。共通なのは、利用者や家族が安心してサービス利用できるように支援する仕事であるということです。
業務は大まかに分けると4つあります。
1つ目は、一番主な業務である相談業務です。利用者やその家族と面談し、相手の生活状況やニーズを把握して助言をします。これは受け入れ時だけではなく、随時サポートしていきます。相談業務は就業場所に関係なく行う業務です。
2つ目は通所介護契約です。利用の入口から、受け入れ可否の検討、利用申込みまで、ケアマネジャーと密な連絡調整を行い、その後利用者と通所介護契約を取り交わします。利用に際しては、面談を行う生活相談員が契約に関わる一連の業務も担うケースが多いようです。
3つ目は運営・管理業務です。施設の運営やマネジメントに携わる可能性もあります。
4つ目は、介護業務です。就業場所によっては介護業務を兼務します。

主な業務詳細

生活相談員の具体的な仕事内容としては、入居前の入居希望者の現状の状態や状況など、紹介先やご家族などからヒアリングすることから始まります。入院されている方の場合は、入院中の状況などを病院から情報収集したり、自宅で生活されている方の場合は、担当のケアマネジャーから情報を収集したりし、その情報を現場に共有し判定することも重要な仕事です。施設として入居可能との判定が出れば、次に入居日の日程調整や、本人・家族への施設説明、また契約に関わる説明などしていき、その後契約まで至ります。入居後は、本人や家族との関係性を構築しながら生活の相談にの乗り、現状の生活に問題がないかなど状況を確認しながら支援をしていきます。また介護保険であれば、介護保険の認定期限もあるため、介護保険の更新手続きや認定調査など、認定機関と調整を図ったりする仕事も生活相談員の仕事として含まれてきます。また、将来的な方向性など、本人の身体状況によっては他の施設への転居などが必要になってくることもあるので、生活相談員は状況に合わせた支援をできることが求められます。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP