生活相談員

社会的役割

生活相談員は、介護や特別な支援が必要な高齢者や障害者、またそのご家族に対し、サービス利用に必要な説明・契約手続き・関係機関との連携・調整などの業務を担います。利用者・施設・関係機関を結び付ける調整役として、スムーズなサービス提供の為に不可欠な存在です。また、契約対応や介護保険の請求業務なども発生する為、制度への深い理解も必要です。  生活相談員が活躍できる職場は、通所介護(デイサービス)や短期入所生活介護(ショートステイ)、病院、入所施設(一部除く)など多岐に渡ります。
 また、サービス利用を開始した後も、利用者とその家族が安心して生活を送れるように聞き取りを行い、環境を整えることも生活相談員の大切な仕事です。それぞれの利用者の状態やニーズを考慮し、必要な調整、プランニングを行っていきます。
 生活相談員の採用の際の資格条件は都道府県や各事業所によって異なります。また、業務内容や待遇等も各事業所によって変化してくる為、上記に挙げた業務以外にもスタッフの勤務調整や送迎業務などを含む実際の介護業務を兼任する場合もあります。生活相談員は様々な職場で、様々な業務を行い、人の助けになっているのです。

やりがいと将来性

生活相談員の仕事は、サービスと利用者、ご家族をつなぐ架け橋となる仕事です。介護はもちろん、制度の知識に長けていること、また、利用者やご家族の方の気持ちを聞き取り計画を組み立てる力など、高い専門性が求められます。しかしその分、介護全般に関する様々な知識と経験を身につけることが出来る仕事と言えます。
 生活相談員は、ニーズのある方々の話を直接聞き、多様な価値観に触れることで、自身の人間的な成長にも繋がります。また、様々な機関と連携し、円滑なサービス利用に結びついたり、利用者の抱える問題が解決したりした時には、利用者やご家族から「ありがとう」と一番に感謝の言葉や笑顔を頂ける、多くの人との関わりの中で大きい喜びとやりがいを感じられる仕事です。
 今後、高齢化や医療技術の進歩に伴う介護施設等の増加で、ますます活躍が期待される生活相談員ですが、多くの介護施設でその配置が義務付けられている点からも、生活相談員へのニーズが高いことが分かります。
 上記でも触れたように、相当の専門性が求められる点から、今後福祉業界の中で活躍出来る実力をつけていきたい方、管理者や施設長を目指していきたい方にぴったりの職種であると言えます。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP