ソーシャルワーカーの資格

なるための必要資格

ソーシャルワーカーという職業はいわゆる業務独占ではありません。医者や弁護士のように資格を持っていなければできない仕事ではないというのが一つの特徴となっています。しかしながら専門性のある仕事ですので趣味やボランティアでの支援であればともかく、本職として病院や学校、福祉施設や公共機関などに雇用される場合には相応の認定を持っていることが求められる場合があります。
一般的には社会福祉士や精神保健福祉士と呼ばれる国家資格の保有者のことをソーシャルワーカーと呼ぶケースが多いです。そのためソーシャルワーカーとして生計を立てていきたいと考えているのであればこれらの国家資格を取得するのがお勧めされます。特に、社会福祉士は福祉領域全体に活躍の場があるため、ソーシャルワーカーを目指すなら取得するのがおすすめです。精神保健福祉士は障がい者領域に重点が置かれた資格のため、障がい者領域で活躍したい方はこちらがとてもおすすめです。

ソーシャルワーカーにおすすめの資格、そのメリット

先程もご説明した通り、ソーシャルワーカーとして働くのであれば社会福祉士を取得しておくことがとても推奨されます。大学において所定の単位を取得したり実務経験を積んだ上で、国家試験に合格しなければなりませんので簡単な道ではありませんが、ソーシャルワーカーとして働くのであれば取得した方がキャリアアップのためには大変おすすめです。仕組み上は無資格でも仕事が出来ないわけではないのですが、資格を必須としている施設や病院も多いです。また、仕事をするに当たって必要な能力を持っているということを対外的に示すためには、国から認められた状態である方が何かと有利であると考えられます。ソーシャルワーカーになる以前から資格を取得していれば、入口の時点から専門性に対する信頼感が得られるほか、職場によっては給与面などの待遇に良い方向で影響が出る場合も少なくありません。

資格の有効期間、その他効力

社会福祉士または精神保健福祉士は、ソーシャルワーカーとしての専門性を示す国家資格として広く認知されています。この認定は一生ものであり、何らかの事情で取り消しを受けない限りはずっと有効であると言えます。しかしながらこの分野の知識は生きた情報であり、常に制度を学び続けなければ生きたサポートを行うことはできません。社会福祉士であるという事実、または精神保健福祉士であるという事実が重要なのではないのです。
その意味では国家試験を突破し資格を持っているというだけでは不十分であり、常に新しい情報を学び続けていくことが有効な支援を行うために大切なことであると考えられています。国や地域の制度は常に新しいものに置き換わっていきますので、それらの情報をしっかりと得続けていくことが必要です。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP