ソーシャルワーカーの仕事内容

仕事の概要

ソーシャルワーカーという仕事は特定の職場で行うというよりは、様々な職場で活躍しているというイメージで考えるのが適切であると言えます。実際に病院で働くソーシャルワーカーは医療ソーシャルワーカーと呼ばれていますし、施設や学校などそれぞれの職場で働く場合にはそれぞれの呼ばれ方をします。働く場所が違うと業務の内容も厳密には変わってきますが、一貫して言えるのは、様々な場所において何らかの困難や不安を抱えている人に対して支援を行う専門職であるという点にあります。
ソーシャルワーカーというと一般的には国家資格である社会福祉士を指すことが多いですが、精神科領域について精通した精神保健福祉士と呼ばれる国家資格も存在しています。最近ではこの二職種を合わせてソーシャルワーカーと呼ぶことが多くなっています。業務内容に関しては対象が違うことにより異なるものとなりますが、その内容を見ていくと種類や方法の違いこそあるものの一貫して困難を抱えている本人、または家族を対象とした支援を行う業務を担っていると言えます。業務独占ではありませんのでこの仕事をするためには必ずしも資格が必要であるとは言えませんが、実際に活躍しているのは国家資格を持つ専門職である場合が多いです。

主な業務詳細

ソーシャルワーカーと呼ばれる専門職の仕事内容は基本的に対人支援です。カウンセラーの様に個人への対応を行うこともありますが、その目的は困難を抱えている人が必要としている社会資源にしっかりと繋げていくという対応になります。現代社会には公的機関が整備している様々なライフラインが存在していますが、それらを一般人が熟知することは現実的に難しいです。そのため専門職であるソーシャルワーカーがそれらの社会資源についての情報をしっかりと学び、困難や不安を抱えている人に対して情報提供を行います。この時に支援の対象となるのは困難を抱える本人だけではなく、その方の生活を支援する様々な人も含まれます。例えば病院では、病気に苦しむ本人以外にも治療費や生活費を工面するために苦労をする家族が存在しているのです。そのような問題に対して、有効な助言を行うことが出来るかどうかが問われているのがソーシャルワーカーなのです。この様な問題に対しては、支援を行っている専門機関の職員(看護師や医師、介護士など)の専門外であることも少なくありません。そのため、社会の仕組みや支援を行う社会資源について豊富な知識を持っている専門職として、ソーシャルワーカーの活躍が期待されているのです。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP