ソーシャルワーカー

社会的役割

私たちの暮らしは多様化してきています。以前のように大家族で、何らかの障害があったり年老いて介護が必要になったりした時に家族でカバーできるとは限らなくなっています。核家族化から、暮らしにくい要因があっても周りからの援助を受けることがほとんどできないということもあるのです。そういった人々を放置しておくことは、社会として未成熟であるといえるでしょう。そのため、ソーシャルワーカーが関わって、どのような人でも社会の中で自分らしく生活ができるような手助けをしていくことが必要なのです。現在困っている人に対して適切な福祉サービスの利用へと繋げていくことや、目の前の細かい問題をどうするかなど、対象者に寄り添いながら専門知識を活かして活動していく必要があります。これからますます暮らし方が多様化していき、福祉サービスも変化していくことが予想されます。近年は犯罪と貧困、障害といった要因に対応するサービスや制度の強化も指摘されています。社会が安全で誰にとっても暮らしやすいものであるために、ソーシャルワーカーが社会で活躍し多くの人へ手を差し伸べていくことは必須といえるでしょう。

やりがいと将来性

ソーシャルワーカーの仕事を直接見たことがあるという方は少ないでしょう。これからは活躍の場も広がっていくと考えられていますが、現在はまだまだ普及しているとは言えません。ニーズは大きくなってきているので、将来的には配置される職場も多くなっていくと予想されています。自治体や病院といったところでソーシャルワーカーの募集がある場合があります。病院では社会的入院という事が課題となっていて、治療が終わっても自宅での生活が難しく退院できないという事が起こっています。普段の生活に早く戻れるように、ソーシャルワーカーが支援することは医療にとっても社会にとっても重要なことです。そういった人の役に立てるという事に大きなやりがいを感じているソーシャルワーカーは多いようです。
今後は高齢者の数がますます増えていくと言われています。要介護者が増えるだけではなく、それ以前の段階で医療や介護予防サービスを上手く組み合わせていく必要も生まれます。中年者・高齢者の孤立死が社会問題となっているため、身寄りがなく手助けが得られない人もさらに増えていくと考えられます。そのような時にソーシャルワーカーが関わっていくことで助けられる人は多くいるはずです。これからニーズが高くなる上、活躍の場が広がっていくと考えられるソーシャルワーカーは、今後さらに期待が寄せられていくでしょう。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP