ケアマネジャーの仕事内容

仕事の概要

ケアマネジャーは正確には介護支援専門員といい、主に要介護者等の状態や主治医の意見から、必要な介護サービスが受けられるように、介護サービス計画書を作成することが主たる仕事です。介護計画は施設系であっても在宅系の介護サービスであっても、どのようなサービスを提供するのかしっかりと文字にすることが非常に大事であり、関係者に対して介護の目的などを示すのに非常に有効とされます。こうしたことから、ケアマネジャーは介護保険制度の要とも呼ばれているのです。介護保険サービス等の提供を行う中で見直しが必要になってくれば、そのケアプランの見直しなども行います。在宅の場合にあっては、毎月少なくとも一回は利用者の自宅を訪問して、ケアプランが利用者や家族にマッチしているかどうかの確認を行うことも重要な仕事です。このモニタリングを通じて必要に応じ、ケアカンファレンスなどを開催してケアプランの見直しなども重要な仕事となっています。なお、こうした仕事内容については、ケアマネジャーを取得する際にもしっかりと学ぶことになっていて、定期的に開催されているケアマネジャーの更新時にも、最新の介護保険の内容などと共にしっかりと学び直す場が提供されています。

主な業務詳細

在宅にしても施設にしても、いずれにしてもケアマネジャーが関わる事業所が大半です。したがって、介護をどう提供していくべきかなどを主に考えることがケアマネジャーに求められる主たる仕事になります。ここでケアマネジャーが考えたことがケアプランという形になり、関係者に提示されケアカンファレンスにより意見を徴していくわけです。これは見直しなどが必要になった場合も同様です。さらに医療が必要な場合もよくありますので、主治医の意見を聞くことも大切な仕事内容だと言えます。その他の仕事内容としては、毎月の介護サービスの利用料の計算を行うことで、自己負担額の管理も行います。利用が多すぎるために自己負担額を超えてしまう場合には、その調整及び自己負担額が発生することによるケアプランの見直しなども考える必要が生じるでしょう。ケアマネジャーの仕事としては、利用者の立場に立って介護サービスとして何が必要であるのか、家族の介護がどのくらい可能かのチェックも重要な職務内容です。さらに介護保険サービスの代用として利用できるものがないかどうか、市町村等あるいはボランティアなどによるサービスの利用などで対応が出来ないかどうか、自己負担額が高額になりすぎて支払えないなどの問題が無いかどうかを確認も行います。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP