ケアマネジャーの給料(年収)について

平均年収のイメージと相対評価

ケアマネジャーの収入は担当利用者数によって変わります。妥当なケアプランが立案できるように、担当できる利用者数が決められています。ケアマネジャーは独立も可能な仕事です。居宅支援事業所を自分で立ち上げる事もできますし、また、既存の事業所に勤務する事も可能です。居宅支援事業所に訪問介護事業所などを併設する事もできます。事業所の形や勤務形態により大きく変わりますが、厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」によると、ケアマネージャーの平均年収は370万円程度です。年収300万円の人もいれば500万円程度の人もいて、幅は大きいと言えます。ケアマネジャーという仕事は、やり方によっては自分のペースで仕事をすることができるので、女性であれば子供を育てながらでも可能なので、仕事と家庭の両立もできます。利用者の生活状況によってはケアプラン作成が難しい場合もありますが、ケアプランが決まり、それが軌道に乗ると後は比較的楽に仕事を行うことができるので、自分の働き方次第では、収入の割には仕事量が少なくて済む場合もあります。

年収アップにつながる資格、手当など

ケアマネジャーの主な仕事は、ケアプラン作成ですが、介護度・医療度の重いケアプランは単価が高くなります。ケアマネジャーの仕事は、ケアプラン作成の他に、自治体によっては認定調査もあります。居宅ケアマネージャーの場合、担当できるケアプランは上限がありますが、認定調査の数をこなすことで年収アップに繋がります。また、所属する事業所によっては通勤手当・扶養手当・休日勤務手当・精勤手当が出ます。資格に関しては、看護師・保健師・理学療法士・作業療法士などの医療系の資格を併せて持っている方が有利です。これらの資格を持っていると、医療依存度の高い利用者でも妥当なケアプランを作成する事ができるので、現場では重宝され、より給与や条件の良い事業所を選んで働く事ができ、年収アップに繋がります。事業所にもよりますが、このようにケアマネジャーは、自分のペースで働きやすい仕事なのです。自分が作成したケアプランで、利用者やその家族が元気に生活を送れるようになると、やりがいにも繋がります。

勤続年数による年収推移

ケアマネジャーは、自分のペースで仕事をしやすいので、無理なく仕事を長く続けることができます。事業所によっては毎年昇給があるので、長く勤務することで年収アップに繋がります。例えば、新人で入った時はケアプランを作るのに時間が掛かり、担当者数も少なく年収は350万円だとしても、勤続年数が増えると徐々に実力も備わってきて、より多くのケアプランを作成することができます。また、介護度の重い難しいケアプランも作成することができるようになってくるので、長く勤続しスキルアップしていくことで収入もどんどん上がっていきます。平均寿命が延び、超高齢社会となり、ケアマネジャーの需要は高まる一方で、働き口が豊富な職種です。収入が安定することで、自分の時間を使って趣味に打ち込むこともできます。収入が安定しているとともに時間も自由が利きやすい仕事なので、プライベートと両立しやすい仕事だと言えます。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP