ケアマネジャー

社会的役割

ケアマネジャーの正式名称は、介護支援専門員と言います。介護認定を受けた要介護者やその家族からの相談に応じて、受けられる適切な介護サービスを選択したり、快適に暮らせるようケアプランを作成したり、関係機関と連絡・調整を行ったりします。具体的には、介護サービスやサービスを提供する事業所の情報収集、担当する要介護者へのサービス紹介、サービス利用計画の立案、サービス利用後のフォローなどの仕事を担います。つまり、ケアマネジャーは、介護が必要な人と、介護サービスを繋ぐ役割を持っています。

ただ、単純な作業ではありません。ほとんどの要介護者は複数の介護サービスを利用し、また医療機関や家族、利用者を取り巻く環境は複雑であると言えます。ケアマネジャーが主催する「サービス担当者会議」は、サービスを利用している人とサービスを提供している事業所、かかりつけの医療機関、家族などが出席し、よりよい介護を受けられるようにするための話し合いの場ですが、そのすべての関係者のスケジュール調整や、司会進行などを行います。いわば、介護のなんでも屋のような仕事です。それだけに、要介護者や家族からの信頼も大きく、介護業界の中でも重要なポジションにいるといえます。

やりがいと将来性

ケアマネジャーのやりがいとはどんなものでしょう。もちろん、資格が必要で介護サービスの仕組みについて精通している必要があります。知識はもちろん必要ですが、それだけでなく、人相手の仕事でコミュニケーション能力も必要です。介護サービスを利用する人、要介護者の家族のほとんどは、大きな不安や悩みを抱えています。相談者に対して、一番いいケアプランを作成するためにどのようなサービスが最適なのか情報収集する必要があります。相談者たちに密接に関わり、サービスの利用中も継続して関わりを持ち続ける仕事です。そのため、要介護者や家族の抱える問題を解決したり、前よりも快適な生活を送ることができるようになったり、利用者や家族に感謝されたりすることがやりがい感じられる人も多いようです。また、ケアマネジャーにしかできない仕事もあり、責任の大きさがやりがいに繋がることもあるでしょう。

日本は現在、4人に1人が高齢者という超高齢社会です。これからも高齢者が増え、介護サービスの利用者は増えていくと考えられます。家族だけで介護を担うという時代は終わったのです。要介護者がよりよい生活を送るために、ケアマネジャーはこれからも重要な役割を担う職種となっていきます。

介護の就職・転職についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP