社会福祉士の仕事内容

仕事の概要

社会福祉士はソーシャルワーカーとも言われ、社会福祉の仕事に関わる専門職です。
福祉系の大学や短大で勉強したり、相談援助の実務を経験したりすることで国家試験を受けるための資格が得られます。社会福祉士資格は、問題の出題範囲も広く合格率30パーセント未満の試験ですが、とにかく過去問や予想問題を中心にしっかり勉強しさえすれば合格することができます。
社会福祉士は、日常生活をスムーズに行なうことが難しい方のサポートをする仕事であり、高齢者・身体障害者・知的障害者・子どもなど様々な方を対象にそれぞれに応じた相談援助を行なうことが主な仕事内容です。
少子高齢化が進む中、社会福祉士の仕事は社会的に多く求められる仕事です。社会福祉士の資格がないとできない業務ばかりではありませんが、より具体的な要望に応えるには資格を取っておいた方がよいでしょう。相談者が自立に向けて進んでいけるように手助けするとてもやりがいのある仕事であるとともに、その分責任も重大な仕事だと言えます。

主な業務詳細

社会福祉士は対象となる相談者や勤務場所によって、仕事内容の範囲は多岐に渡ります。それぞれの状況に応じて利用者やその家族の相談に乗り、必要となる支援を行うために行政や医療機関などと連携を取ることも多いです。社会福祉士としての知識だけでなく、コミュニケーション能力も必要なのです。
老人ホームや児童福祉施設・社会福祉施設など医療の現場や福祉の現場・児童相談所や母子支援施設など様々な現場で、社会福祉士は活躍しています。
相談者の心の声を最大限引き出すこと、知識や経験を活かしてその気持ちにどれだけ役立つことができるか考えることなど、仕事をこなす中で利用者との信頼関係を築き上げサポートしていきます。
カウンセリングをどの程度すればいいか、どういう補助が必要になるのかなどは相手によって異なるためそこにマニュアルはありません。とにかく相手の立場に立って考えること・経験を積むことが必要です。相手の人権を尊重し、業務上知りえた秘密を口外しないことなども専門職としてとても重要なことです。
大変難しい仕事ですが、その分やりがいもたくさんあります。社会福祉士が手掛ける仕事の範囲は大変幅広く、活躍の場が広いことや分野を選択できることも社会福祉士の魅力です。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP