社会福祉士

社会的役割

社会福祉士は国家資格であり、その社会的役割としては高齢や障害、病気などにより生活に何らかの困難を抱えた人が社会で暮らしていけるように支援することです。関係機関との連携や、その個人ごとに合わせた助言などをしていくことで、社会生活を支えていくのが主な業務内容です。病気などで働けなくなった時に、当座の生活をどうするかなどで悩む人がいます。こうした時に助言をしたり、あるいは関係機関への連携を行ったりします。昨今では、医療機関(特に大病院)などにソーシャルワーカーとして配置されるケースも増えています。病気や怪我のために入院した患者や家族に対し、医療費のこと・仕事のこと・家族のことなど様々な心配事に関して相談に乗り、利用できるサービスの情報提供をしたり、不安な心に寄り添ったりします。
このように、社会福祉士は本当に困っている人の支援をすることで、社会からこぼれ落ちていく人が少なくなるようにしていく役割が期待されています。病気や障害、貧困などの様々な問題で悩む人を支えるという社会的役割を期待されている、またそのような対応が出来る専門性の高い知識を有した人が取得できる資格なのです。

やりがいと将来性

人々の幸せや豊かさを追求する社会福祉士の仕事は、援助の対象となる人の人生に深く関わります。その分、責任や厳しさはありますが、困難を一緒に乗り越えた時の喜びは大変大きいものです。また、感謝されることが多い仕事でもあり、その点でもやりがいを感じることができる仕事です。
社会福祉全般の相談支援を担う社会福祉士の役割は増えてきています。特に近年では、DVや児童虐待などが増えたことにより、婦人相談所や児童相談所の相談支援体制の強化が重要視されたり、超高齢社会になったことにより、高齢者の支援体制の強化も検討されたりしています。現在でも様々な配置場所がある社会福祉士ですが、今後の活躍の場はさらに拡大されると考えられています。
また、社会福祉士は、施設長や介護部長に昇進するケースがとても多く、キャリアアップにつながる資格として知られています。需要と供給のバランスが程よくとれているため、年収も年齢や経験によって安定し、将来的にも続けやすい仕事なのです。介護関係の職業の中では男性の割合も多めであり、家庭を支えることが可能な仕事だとも言えます。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP