介護福祉士の仕事内容

仕事の概要

介護福祉士は介護現場で介護業務にあたる中心的な存在です。
他の資格の介護職と介護福祉士では施設内で行う業務に大差はありません。しかし介護福祉士はより強く介護のプロとしての位置づけをされており、現場の成長を支えるためにできる業務内容がプラスしていくつかあります。具体的には、環境を整備するために生活相談員や看護師、理学療法士など多職種と連携を図ることや、現場の職員に指導・助言をすること、要介護者が家族や周囲の人・地域とよい関係を築けるように支援することなどです。
また、介護福祉士は介護職だけでなく生活相談員になることも可能です。生活相談員は、利用者・家族の相談援助を行ったり、適切なサービスが提供されるよう施設をマネジメントしたりする仕事です。
このような業務を行っていくためには、日々介護福祉士としての技量を磨いて行かなければなりません。知識だけではなく経験から得られることを実にしていくのも介護福祉士として大事なことです。

主な業務詳細

介護福祉士の業務は大きく分けて4つあります。
まず、実際に利用者に直接サービス提供をする身体介護と生活援助の2つです。身体介助とは、食事、排泄、衣服の着脱、入浴、口腔ケアなどを指します。生活援助とは、食事の準備・片づけ、洗濯、掃除、整理整頓などの日常的な生活全般を援助を指します。介護の現場では、多職種と連携を図り利用者の生活をコーディネートすることや、他の職員に指導・助言をすることも介護福祉士の大きな役割です。
3つ目が相談・助言です。利用者や家族から生活、身体、介護に関しての相談に乗ったり、助言をする業務です。これは生活相談員としての業務に当てはまります。介護の専門的な知識・技術、介護現場での経験が役立てられる業務です。
4つ目が社会活動支援です。利用者が身近な人間関係から孤立しないよう、家族や近隣の人・他の利用者などとよい対人関係が築けるように支援する業務です。地域のイベントやサークル活動などの社会活動の情報提供をし、社会参加を支援することもあります。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP