介護福祉士

社会的役割

介護福祉士の主な役割は、障害者や高齢者などの介護が必要な人・その家族、また介護現場を支えることです。特に現在の日本は超高齢社会であり、今後も高齢者の人口は増えていくと予想されています。介護は誰もがいつか身近に経験することです。家族に要介護者がいる場合もありますし、年を重ね体が不自由になれば自分が介護を受ける場合もあります。しかし、介護を家族だけで担うには限界があります。家族だけの負担にならないようサポートするのが介護保険制度です。施設の入所サービス、デイサービスなどの通所サービス、訪問サービスなど介護保険のいずれのサービスにおいても、介護福祉士は中心的な役割を果たしています。介護の仕事は資格がなくても行なうことができますが、適切な介護を行う為には介護に関する知識と技術を持った介護福祉士の存在が欠かせません。介護福祉士は、知識や技術を活用し質の高い介護を提供することはもちろん、それ以外にも、新しい職員に対して指導を行うことや、医師や看護師等と連携を図るための中心的な存在となることなど、現場を支えるという役割も求められています。また介護現場以外でも、家族の相談に乗りアドバイスをするなど相談援助の役割も求められています。

やりがいと将来性

介護福祉士の担う仕事は、介護を通して社会に大きく貢献することができます。超高齢社会という社会問題にも貢献できるとともに、多くの高齢者・その家族の支えとなることができます。
介護福祉士が就業する介護職・生活相談員などは、感謝されることが多い仕事です。自分が行ったことに対して人が喜んでいることを目の前で実感することができるため、日々やりがいを感じることができます。
国の方針では介護福祉士の育成に力を入れる方向に動いています。その証拠に、2022年から養成施設卒業生に国家試験の受験を義務付ける方針を固めています。その理由は、介護職の知識や技術力の低さが大きな問題となっているためです。介護の仕事は資格がなくても行なうことが可能であり、十分な知識や技術が無くても職場に採用されることが低下の背景として考えられています。介護士が不足しているため仕方がないとも言えますが、利用者にとっては専門的知識や技術を身に付けた人に介護して欲しいというのが本音でしょう。介護に関する知識や技術を持った介護福祉士への期待が大きくなることは間違いありません。

介護の就職・転職についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP