徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士に向いている人、向いていない人

介護士の仕事内容とは?

介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活の支援があります。具体的には、着替えやベッドからの立ち上がり、歩行、食事、入浴、排せつなどの補助が挙げられます。生活のサポートという意味では、部屋の掃除や身の回りの整理整頓、洗濯、買い物など、利用者の方の日常生活全般の援助、そして困りごとの相談・助言といった心に寄り添うような業務もあります。

 

また、介護の現場ではチームワークが要求されます。医師や看護師、管理栄養士などの専門職とも協働して利用者の方々を支えていきますので、そういった専門家たちとコミュニケーションを図り、それぞれの力を最大限に発揮することができるように、いろいろな調整を行ったりもします。

 

介護知識やスキルはもちろん、多職種の業務も理解するように努めていく必要があるのです。このように、非常に業務の範囲が広い職業と言えるでしょう。

 

向いている人の特徴

前述の通り、かなり広範囲な業務に加え、体力的にも精神的にもハードな介護士の仕事に向いている人とは、いったいどんな人でしょうか。まず、次のようなことが挙げられます。

 

7e380480f2e54b00c52dcc8cdd7f59d7_l

 

  • 仕事を楽しいと感じる
  • 自分に向いていると感じる
  • 利用者さんとのコミュニケーションに癒される
  • 福祉の仕事をしているが福祉の仕事をしていると感じない
  • 利用者さんの人生の助けをすることを中心に考えて働ける
  • 介護の仕事を嫌々やっていないる

要約すると、2点がポイントとなります。

  1. 人の世話をすること自体を楽しいと感じられる
  2. 人とのコミュニケーションが基本的に好き

1.人の世話をすること自体を楽しいと感じられる

これは介護士の適性として、とても重要な性質です。利用者の方々は一人ひとり違う性格や性質、生活における難点を持っています。それぞれの人がいろいろな困りごとや注文を言ってきます。ニーズをくみ取り、それを解消してあげることに根本的な喜びを感じられる人が向いているといえるでしょう。優しくて気配りができ、細かいところまで目のいく世話好きな人が、介護士に向いているといえます。

 

ただし、世話を焼きすぎてもいけません。利用者の方が自分でできることまで手伝ってしまうと、自立支援につながらないからです。

 

2.人とのコミュニケーションが基本的に好き

多くの仕事でも重要な要素として取り上げられますが、介護士の場合は職業性質上、接するお相手はお年寄りの方が中心になります。体が思うように動かせない方が多く、心身の衰えを実感しながら生活していますので、無気力になったり、依存的な傾向がみられることがあります。

 

認知症を患っていれば、不安やいらだちはさらに大きくなります。ちょっとしたことで怒りのスイッチが入り、暴言や暴力につながってしまうということも少なくありません。

 

そうしたときでも、利用者の方々のお話によく耳を傾け、どういう要望があるのか、どんな心の痛みを持っているのか感受性を働かせていく必要があります。

 

このように、人とのコミュニケーションが基本的に好きな人が介護士の仕事に向いているといえるでしょう。頑固で怒りっぽかった利用者の方とも信頼関係を築けるようになると、孫のようにかわいがられるというようなこともよくあります。ストレスを感じる場面に遭遇することもあるかもしれませんが、うまく発散して自分の感情をコントロールできるようになると、利用者の方々との会話が楽しくなるはずです。

 

向いていない人の特徴

どんな仕事でもそうですが、向いていない人もいます。どんな人かと言えば、以下のような特徴があげられます。

 

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_l

 

  • やりたい仕事ではないと感じる
  • 働いていてやりがいを感じない
  • 仕事をきちんとこなせる自信がない
  • 利用者さんの心に向き合えない
  • 日々の介助業務が苦痛でたまらない

つまり、人の心に入り込むことが苦手、人と向き合うことが苦手な人でしょうか。着替えや食事、入浴などのお世話をするときに常に気配りが求められます。利用者の方は体の不自由なことが多いので「服のボタンをとめる」といった作業でも時間がかかることもあります。すぐにできないからといってイライラするような短気な人、思いやりのない人は向いていないともいえます。

 

利用者の方の生活に寄り添った支援をしていくためには、肉体的にも精神的にもハードなことです。それを楽しめず、利用者の方との距離を縮められない人は、介護士という仕事には向いていないと言わざるを得ないでしょう。

 

11bb46c6002eae07f7b4258e97acbaa4_l

 

福祉の仕事に限らず、仕事には「向き」、「不向き」があります。介護士という仕事の内容を深く知り、自分の性格や特性を考慮しながら仕事を選んでいきましょう。

いいねっ!とおもったら共有してね!!

【関連キーワード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP