第6位

介護のささえ 5年ごと利差配当付介護終身年金保障保険

介護のささえ 5年ごと利差配当付介護終身年金保障保険
保険会社 明治安田生命
保険会社紹介 ドイツやインドネシア、中国などの生命保険会社と業務提携など多角的な経営を続けています
保障内容 介護年金 支払日数 一生涯 支払い基準 要介護3以上

ここに注目

  • 要介護3以上の状態になると、一生涯にわたって介護終身年金を受け取れる
  • 契約時にはその死亡給付金を5倍にしたタイプを選択可能
  • 特約で軽度介護状態での保険料払込が免除

商品の詳細

基本情報
40歳から80歳まで加入できる、終身介護年金を保障する保険です。
主契約では公的介護保険制度の要介護3以上などの状態になると、一生涯にわたって介護終身年金を受け取ることができます。
また、介護年金を受け取る前に死亡してしまった場合には死亡給付金が受け取れますが、契約時にはその死亡給付金を5倍にしたタイプを選ぶこともできます。
介護終身年金/死亡給付金
主契約のみだと、40歳男性の月払保険料は3780円とリーズナブル。これで介護終身年金60万円と、死亡給付金60万円の保障が得られます。80歳男性になると月払保険料は1万8186円ですから、やはり早期加入がおすすめです。
後述する3種類の特約を付加しても、40歳男性の月払保険料は4080円と300円しか変わりません。なお、保険料払込期間は終身が基本ですが、有期のタイプを選ぶこともできます。
特徴:軽度介護状態もカバーする3つの特約
主契約では公的介護保険制度の要介護3が基準となるため、やや保険金支払条件が厳しいことは否めません。ですが、3つの特約を付加することでこのウィークポイントをフォローすることができます。
「介護一時金保障特約」では、介護終身年金支払い開始時に介護一時金300万円を受け取ることができます。(前述の保険料の場合)
「介護一時金保障特約」では、要介護1や2の状態でも一時金30万円を受け取ることができます。
「軽度介護保険料払込免除特約」では、主契約だけではカバーされていなかった軽度介護状態でも以後の保険料払込が免除されます。
総合評価
若い時点で加入すれば、月額約4000円という軽い負担で毎月5万円の介護終身年金が得られる保障を、一生涯受け続けることができます。ただし、泣き所は保険金支払条件がやや厳しいところでしょう。特約を付加しても要介護1や2では一時金のみで終身年金はつきません。ですから、軽度介護状態なら貯蓄などでのりきれる、という人むけの保険だと言えます。
また保険料は高額になりますが、80歳6か月まで新加入できるというのはうれしいですね。
契約時には死亡給付金額が5倍になる「死亡保障5倍型プラン」を選択することもできます。ですが、このプランを選ぶことで、月払保険料は40歳男性で3780円から8220円へと、倍以上にも膨れ上がるのです。この死亡保障は主契約の一部なので、不要になったからあるいは負担になったからといって、介護保障と切り離して部分的に解約することはできません。
それなら、将来的に保険料支払いに困ることも考えて、この介護保険とは別に死亡保険に加入しておいた方が無難でしょう。それなら、死亡保険金額を自在に設定することもできます。

保険会社について

明治安田生命保険相互会社は、2004年に明治生命保険相互会社と安田生命保険相互会社が合併することで誕生しました。以後、ドイツやインドネシア、中国などの生命保険会社と業務提携したり、アメリカのスタンコープ社を完全子会社化するなど、多角的な経営を続けています

クチコミを投稿する

名前
メールアドレス
性別
年齢
評価
問い合わせ内容

いいねっ!とおもったら共有してね!!

【関連キーワード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP