家事代行サービス

家事代行サービスとは

家事代行サービスには、介護保険サービスと介護保険外のサービスの2つの種類があります。

介護保険サービスとして利用できるものは調理や掃除、洗濯といった生活に必要な家事全般を行うことができます。ただし、条件がありあくまで利用者に関するものに限定されます。掃除は共用のリビングはできず利用者の自室のみになります。調理も家族全員分は作ることはできず、利用者の分のみになります。

それに引き換え介護保険外のサービスはすべて自費のサービスとなるため、各事業所で行われている制限のみです。掃除に関しては利用者の部屋のみならず、共用の部分であるリビングも行うことができます。調理に関しても家族全員分の調理をしても構いません。あくまで利用者と事業所との契約になるため、契約された内容であればすべて行ってくれます。

料金は介護保険適用か否かで大きく異なります。介護保険が適応されれば、1回あたり300~700円程度で利用できます。介護保険外のサービスでは、安いところでは1000円後半、高いところでは5000円近くになます。事業所や利用時間、内容によっても料金に大きな差は生じますが、その分利用者の望む家事を行ってくれます。

家事代行サービスの目的・効果

介護保険で家事代行サービスが行われているのは、施設ではなく住み慣れた自宅で長く暮らすことができるようにするためです。例えば、一人暮らしの男性の高齢者がいるとします。長年家事は妻が行ってきたため全く家事をすることができず、生活に支障が出てしまい施設に入らざるを得ない状況になってしまいました。このように、誰かが家事をしてくれれば自宅で生活を続けることができるという高齢者が多くいたため、介護保険の制度に家事代行サービスは取り入れられました。

家事代行サービスがあるおかげで、多くの高齢者や障害者が好きな場所での生活を維持することができています。苦手な調理や掃除、洗濯をヘルパーが行ってくれるために生活ができるというのみならず、誰かと話をするということで生活に張りを持つことができるというメリットもあります。ヘルパーが来るために身だしなみを整えておこうと気を配ったり、「この曜日にはヘルパーが来る」と生活にメリハリをつけることができます。他にも、一人暮らしの場合安否確認にもつながり、ヘルパーが異変に気付いて事なきを得たという事例もあります。孤独死を防ぐという観点からも家事代行サービスとしてヘルパーが自宅に行くことは必要とされています。

介護サービスについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP