福祉用具貸与(レンタル)

福祉用具貸与とは

福祉用具貸与とは介護ベッドや設置型の手すり等福祉用具を借りることができる制度です。それぞれの福祉用具に月額料金が定められており、その月額料金の自己負担額を支払うことで借りることができます。福祉用具を借りるためには行政に書類を提出する必要があり、ケアマネージャーを通して借りることで書類を作成する手間は軽減することができます。

それぞれの福祉用具には借りるために条件が細かく定められています。認定を受けている要介護度や福祉用具によっては医師の意見書を用意しなくてはならない場合もあるため、福祉用具専門に扱っている業者やケアマネジャーに詳しく話を聞いてからレンタルに踏み切ることが必要です。

福祉用具貸与で借りられる物は主にベッドや設置型の手すり、リフトといったものになります。一口にベッドや手すりといっても種類や形態は様々です。ベッドは電動の物から特に動かすことができないもの。手すりは玄関に置くタイプから洋式トイレの回りに付けるもの、床と天井をつっぱり棒のように設置するものなど様々なタイプがあります。トイレ・入浴に関するものでも、利用者との接触が多いものは、レンタル品として扱われておらず、購入しなければなりません。

福祉用具貸与の目的・効果

福祉用具貸与が制度としてある理由としては、自宅での日常生活を安全に過ごすことができるようにするためです。手すりがあることで家の中での安全な歩行を可能にしたり、ベッドやトイレに設置することで座った姿勢や寝た姿勢の状態からの起き上がりも安全に行うことができるようになります。

このように、利用者がより行動しやすくするための目的の他にも介護者の負担を軽減する目的があります。

例えば、リフトがあることで体の大きな対象者であってもベッドと車いすの移乗が介護者の負担なく行うことができます。他にも、階段にリフトを付けることで介護者が支えなくても対象者一人で1階と2階と行き来することができます。介助ベルトも種類によっては福祉用具貸与に含まれているので、活用することもできます。

福祉用具貸与は対象者本人、介護者の負担を軽減するために導入されています。それぞれの福祉用具によって目的や使い方、料金、どのように負担が軽減されるのか異なります。今では福祉用具貸与の一覧表がわかりやすく本としてまとめられているため、それらに目を通すことも大切です。また、レンタルを始める前に必要なことは寸法や重さをきちんと測ることです。体に合わない物を使い続けてしまうと、むしろ負担が大きくなってしまい逆効果になってしまいます。

介護サービスについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP