住宅改修(リフォーム)

住宅改修とは

住宅改修とは、介護保険制度に基づき、要支援1・2、要介護1~5の認定をうけた方が、住み慣れた自宅で安全に生活を継続できるよう、上限20万円を基準に住宅をリフォームできる介護サービスです。利用者は1割(一定所得以上の方は2割)の自己負担で工事をうけることができますが、20万円を超えた部分は全額自己負担となります。介護保険で適応となる住宅改修項目は手すりの設置や段差の解消、滑りやすい床材の変更など、利用者の日常生活を安全に、円滑にするものに限られます。住宅改修を受けたい方は、市区町村窓口や担当のケアマネジャーに相談し、住宅改修業者に依頼します。住宅改修をする理由書、見積書、工事写真などの必要書類を保険者に提出し、支給決定許可が下りれば工事着工となります。

支払い方法は一度全額工事費を支払い、申請により9割(または8割)戻ってくる償還払いと、はじめから1割(または2割)の工事費を支払う受領委任払いがあります。

原則1人1回のみの適用ですが、要介護度が3段階以上あがった場合、または転居した場合には再度利用することができます。

各市町村での補助制度や地域ルールがある場合がありますので、よく確認して行う事が大切です。

住宅改修の目的・効果

自宅で快適に暮らしていた方でも、年齢を重ねたり、思いもよらない事故などで障害をおった場合には、数センチの段差でも転倒のリスクに変わってしまいます。手をかけるところがなくては、立ち座りも困難になってしまうのです。住宅改修は身体に障害をおっても、残存能力を活かしながら、なるべく自立し、かつ安全に在宅生活が継続できるよう行われるようにリフォームしなくてはなりません。

車いす生活の方は、段差があることで前に進むことができなくなってしまいます。段差解消するとでフラットな床になれば、自分で車いすを操作し、目的地まで行けるのです。和便器から洋便器に交換し、開閉しやすい扉にすることで、今まで手伝ってもらっていた排泄行為が一人でできるようになる可能性もあります。「他者に迷惑をかけている」と後ろ向きになるのではなく、時間がかかっても自分の力で達成することができれば、その方の自信にもつながります。しかし、よく検討もせず、あちこちに手すりを複数取り付けてしまった場合、なくてもできていた能力を、ないとできなくなってしまう身体に低下させてしまう恐れもあります。

ケアマネジャー、住宅改修業者、理学療法士など、専門家の意見を取り入れながら、使いやすく、効率的なリフォームをすることが重要です。

介護サービスについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP