居宅介護支援

居宅介護支援とは

居宅介護支援とは、介護保険制度に基づき、居宅介護支援事業所に所属するケアマネジャー(介護支援専門員)が、要介護(1~5)認定を受けた方の心身状態を把握し、介護相談・サービスの調整・給付管理を行い、その人(利用者)がその人らしく、出来るだけ自立した日常生活を送るために支援する事を言います。

担当になったケアマネジャーは介護サービスを利用したい方の居宅に伺い、聞き取り調査をしながら、何にどう困っているのか問題を抽出します。その問題が改善できるようケアプラン(居宅サービス計画書)を作成し、それに基づいて介護サービス(ホームヘルプやデイサービス等)が提供されます。ケアマネジャーは少なくとも月に1回程度居宅に訪問し、適切な介護が提供されているか、新たな問題は発生していないかモニタリングします。変更があればケアプランの変更を行い、モニタリングを繰り返します。

都道府県に特定事業所として届け出ている居宅介護支援事業所は、主任ケアマネジャーが必須で配置されており、24時間連絡体制を確保しているため、いつでも介護相談をすることができます。居宅介護支援は他の介護サービスとは違い、介護報酬は全額介護保険より事業所に支払われる為、利用者の1割負担金はありません。

居宅介護支援の目的・効果

居宅介護支援とは居宅介護支援事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)が、要介護(1~5)の認定を受けた方のケアプランを作成・管理をしてくれるサービスです。要介護認定を受け、要介護1~5の認定を受けた場合、居宅介護支援事業所で担当のケアマネジャー決め、ケアプランの作成を依頼したり、介護全般の相談をしたりします。ケアプランはケアマネジャーに依頼せず個人で作成する、自己作成もありますが、どのようなサービスの種類があり、なにをしてくれるのか、利用した介護サービス事業所への介護報酬支払の管理など、さまざまな専門的知識が必要となります。また、居宅介護支援は全額介護保険から支払われるため基本的に利用料もないため、多くの人が利用しています。

居宅介護支援でケアマネジャーにケアプランの作成やサービスを提供する事業所などとの連絡や調整をを行ってもらうことで、利用者へスムーズな介護サービスが提供されるようになり、同時に介護を担う利用者の家族などの相談もしやすいことで、介護負担の軽減が期待できます。

介護サービスについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP