介護保険 区分の変更の仕方

介護認定の更新

介護認定には有効期限があり、原則12か月ごとに更新することが一般的です。なかには、3か月や24か月などの周期で更新することもあります。

介護認定は自動的に更新されないため、自ら更新の手続きをする必要があります。有効期限を過ぎても更新申請が行われていないと、介護認定の効力が無くなるため、これまで受けていたサービスが自己負担となってしまうので注意が必要です。有効期限の60日前から申請することができるので、忘れずに行うことが重要です。通常60日前になると役所から更新申請に必要な書類が送られてきます。書類に必要事項を明記し、役所へ提出すれば更新申請は完了となります。地域によって異なりますが、ケアマネジャーによる代理申請が可能な地域もありますので、お住まいの市町村の役所に確認してみましょう。

更新期限の30日前までに更新申請を行っておけば、現在交付されている介護保険証の期限が切れる前に新しい期限の介護保険証を受け取ることが可能です。

介護認定の区分変更

要介護認定が出たあとで状態の悪化により、認定されている介護度で受けられる介護サービスでは足りない場合、認定の区分変更申請を行うことが可能です。

申請を行うと、通常の要介護認定と同じように認定調査を受け、主治医の意見書を発行をしてもらい、新たな介護度が決定します。ただし、区分変更申請をすれば必ず要介護度が上がるわけではありません。認定の結果、現在の介護度と同じ場合や、下がってしまう場合もあります。そのため、区分変更申請は、ケアマネジャーや主治医と相談し行ってください。

また、区分変更申請が行われた時点でそれまでの要介護度の認定は破棄されます。これは区分変更申請により新たに設定される要介護度が申請日までさかのぼって適応されるためですが、要介護度が上がるか下がるかもわからない状態で介護サービスを利用することになるので、どういう要介護度の認定が下りても大丈夫なようにサービスを調整しておくようにしましょう。

介護保険についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP