介護保険の認定

要介護認定の認定

要介護度の認定結果は「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階と、介護を必要としない「非該当(自立)」に分類されます。介護が必要な度合いに応じて認定基準は異なります。
一番軽度とされるのが「要支援1」にあたります。排泄・食事は、ほぼ自分でできるが、日常生活の一部に手助けが必要で、要介護状態となるおそれがある状態がこれに該当します。
最も重度の介護が必要とされるのが「要介護5」にあたります。身だしなみ・立ち上がり・歩行・排泄・食事などの身の回りのことがほとんどできず、全般的な理解の低下がみられ、寝たきりに近い状態がこれに該当します。
非該当の場合は、介護保険外の保健福祉サービスの利用が可能で市町村の実施する介護予防事業に参加できます。
このようにして認定を受けた区分によって、受けることができる介護サービスが異なり、またそれにかかる利用者負担額や月額の利用限度額が異なってきます。要支援と認定された場合も、要介護と認定された場合も、まずケアマネジャーにケアプランを作成してもらう必要があります。

介護保険についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP