介護保険の申請

介護保険の申請に関して

介護保険制度に基づく介護サービスを利用するには、まず各市町村から要介護認定を受けることが必要となります。

要介護認定を受けるためには、各市町村へ申請します。担当窓口は各役所に設置されている介護保険課などになります。市区町村によっては担当窓口が違う場合もあるので、各役所の総合案内センターで要介護認定を申請しに来た旨を伝えれば、担当窓口に案内してもらえます。

要介護認定を申請する際には下記の書類が必要となります。

1、申請書
要介護認定を申請するためには、まずは各市区町村でもらうことができる「申請書」への記入が必要となります。申請書は各役所の窓口で受け取るほかに、地域包括支援センターで受け取る、市区町村のウェブサイトからダウンロードすることが出来ます。

2、被保険者証
65歳以上の第1号被保険者の場合は、介護保険被保険者証が必要となります。40歳~64歳の被保険者の場合、医療保険の被保険者証が必要です。

3、主治医意見書
主治医がいる場合、申請者は申請書に名前や病院の名前を記入するだけです。
主治医がいない場合、市区町村が指定する医師の診断を受けてから、申請書へ医師の名前や病院の名前を記入します。

上記の書類の準備、記入が済んだら介護保険課の窓口へ提出します。申請する人が本人もしくはその家族ではない場合は、印鑑が必要となります。

申請が完了すると、介護保険資格者証を受け取ることになります。申請してから要介護認定の結果が出るまでは、被保険者証は預けたままになるので、この介護保険資格者証がその代わりとなります。要介護認定の結果が出るまでの間に、被保険者証が必要となった場合は代わりに使用することができます。

要介護認定の申請をする際には費用などは発生しません。また、申請の際にはインターネットやメールで行うことはできないので、直接出向いての申請が必要となります。

介護保険についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP