介護保険の対象者

被保険者の定義と実際にサービスを利用できる人

介護保険制度において、40歳以上の方は介護保険に加入する必要があります。加入する際に特別な手続きはありません。

介護保険制度の対象者は大きく分けると下記の2つに分かれます。

1、65歳以上の人(第1号被保険者)
2、40歳~64歳までの医療保険に加入している人(第2号被保険者)

上記、被保険者の全ての人が介護保険を利用することができるわけではありません。
第1号被保険者の場合、認知症や寝たきりなどによって、介護が必要になった状態(要介護状態)や、家事や身支度ができなくなり、日常生活において支援が必要となった状態(要支援状態)になった時に介護保険を利用することができるようになります。

第2号被保険者の人の場合は、初老期の認知症、脳血管疾患、慢性関節リウマチなどの加齢に伴って生じる病気(特定疾病)により、要介護状態もしくは要支援状態になってしまった時に、介護保険を利用することが可能となります。

特定疾病の種類

介護保険制度において、医療保険に加入している40歳から64歳までの人、いわゆる第2号被保険者は特定疾病を患ってしまった場合に、介護保険制度を利用することができるようになります。特定疾病は下記の16種類があります。

•筋萎縮性側索硬化症
•後縦靱帯骨化症
•骨折を伴う骨粗鬆症
•多系統萎縮症
•初老期における認知症
•脊髄小脳変性症
•脊柱管狭窄症
•早老症
•糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
•脳血管疾患
•進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
•閉塞性動脈硬化症
•関節リウマチ
•慢性閉塞性肺疾患
•両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
•がん末期

介護保険についての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP