老人ホームを見学する上でのポイント

老人ホームの見学をする際の手順

老人ホームの数は多いので、まずインターネットを使って良さそうなところを探しましょう。

探し方は2つあります。老人ホーム紹介のサイトで探す方法と、ホームのホームページを見て探す方法です。入居する時の費用・月額の費用・部屋の広さ・医療との連携・交通の便といったものを基準にして探します。良さそうなところが見つかったら、見学を申請します。見学に行く前にパンフレットを取り寄せるのもよいでしょう。

見学の申し込みは、紹介のサイトであれば、そこから直接申し込みをすることができます。見学したい日時や自分の名前・メールアドレス・電話番号などを入力します。老人ホームのホームページから申し込みの申請をする時も、同じことを書きます。この場合はメールで連絡が来るケースが多いですが、電話で連絡が来る場合もあります。ホームページのフォーマットから送らなくても、電話でも取り合ってくれるので、電話希望の方は施設の電話番号に連絡してみるのも1つの手です。

見学の申請は複数の施設にした方が良いでしょう。複数の施設を見たら、比較して一番良いところを決めることができます。あまり多くなると大変ですが、少なくとも3つぐらいの施設は見た方が良いでしょう。

申請をしたら、老人ホームから連絡が届きます。この時に申込時の希望の日時を変更したい場合は、その旨を施設のスタッフに告げましょう。施設へのアクセスの仕方はネットで調べられますが、念のために聞いておいた方が施設にスムーズに到着できます。

見学の際に注意して見るポイント

見学の時は、色々なことに注意しなければなりません。まずその老人ホームで暮らしている利用者の表情を見てみましょう。無表情な利用者が多い施設よりも笑顔の人が多い施設の方が好ましいです。老人ホームで働いているスタッフの対応の仕方にも注目しましょう。笑顔で利用者に接しているかという点や、利用者がスタッフに気軽に話しかけているかという点を見るようにします。自分でもスタッフに話しかけて、どういう答えが返って来るかチェックするのが良い方法です。

臭いを調べることも忘れてはいけません。異臭がする老人ホームだったら、その施設の衛生状態は悪いと言えます。共同設備の部分だけではなく、利用者が暮らしているスペースの臭いも、さりげなく調べましょう。どのホームも衛生には注意していますが、部屋の掃除やお年寄りの入浴を疎かにしていることもまれにあります。臭いについてはできる限り念入りに調べましょう。

交通のしやすさや立地は見落としがちになるポイントです。車で行きやすい場所なのか、バスが通っているのか、駅から近いのかなど、家族が会いに行きやすい場所を選ぶことも大切です。また、繁華街に近すぎると落ち着かない環境であったり、自分で買い物に行きたいのに買い物できる環境なかったりすると、利用者本人にとって暮らしにくくなってしまうので、立地環境を確認しておくことも重要です。

老人ホームについてかかる費用については、見学の時にスタッフに聞くとともに、書面でもらえるように聞いてみましょう。見学の時に費用について疑問点をなくしておくと、後々トラブルが起こりにくくなります。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP