軽費老人ホーム(ケアハウス)とは

軽費老人ホーム(ケアハウス)の基本情報と特徴

軽費老人ホーム(ケアハウス)とは、60歳以上で身寄りがない人や、経済的、あるいは他のやむを得ない事情で家族との同居が難しい方が、比較的利用しやすい料金で入居することができる施設をいいます。特に、自炊や自立生活に不安がある人に対応してくれるのが、ケアハウスなのです。その他の入居条件は、軽費老人ホームによって様々で、伝染病などの疾患の有無が問われたり、身元保証人が必要となる場合もあります。

軽費老人ホームには、A型・B型・C型(ケアハウス型)の3種類があります。

A型は、家庭環境や住宅事情、経済状況などの理由から自宅において生活することが困難で、必要に応じた生活支援サービスや介護サービスを利用すれば自立した生活が維持できる低所得者向けの施設です。

B型は、A型から食事サービスを抜き、介護職員も配置されていない施設です。A型との大きな違いは、食事サービスの有無で、B型は自炊が基本となります。

C型(ケアハウス型)は、食事の提供があることから、システムについてはA型とほとんど同じです。違いとしては、A型・B型では入居一時金や家賃の必要が無いのに対して、C型ではそれらが必要となります。ある程度経済力がなければ入居は難しいですが、所得による入居制限がないことが魅力です。

C型のなかでも、2つに大別することができます。自立型と介護型です。自立型は外部に介護サービスを依頼し提供してもらうシステムですが、介護型では内部で介護サービスを受けることができます。介護型は要介護1以上であることが入居の条件となっています。

軽費老人ホーム(ケアハウス)のメリット・デメリット

軽費老人ホーム(ケアハウス)のメリットとしてまずあげられるのは、費用が安いことです。これは、国や自治体などから運営補助資金を供給されており、事業を行っている主体が、社会福祉法人や医療法人など、公的側面の強い介護施設となっていることが理由です。

また、普段の生活に利用する洗面所・便所・収納設備・調理設備などは、個人で利用している居室内に設置されています。そのため、他人の目を気にすることなく、比較的自由な生活を送れるということも、軽費老人ホーム(ケアハウス)のメリットです。介護型の施設の場合は、たとえ要介護度が上がってしまったとしても、そのまま利用し続けることができます。

介護型以外の軽費老人ホームのデメリットとしては、介護レベルが上がってしまったならば、退所を求められてしまう可能性があります。これは、介護職員の配置人数により、要介護度が自立(非該当)~軽度であることが入居の要件とされているためです。介護型施設は、たいへん人気が高く、入居を待つ人が大勢います。このため、介護型のデメリットとしては、待機時間が長くなってしまうことが挙げられます。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP