介護老人保健施設とは

介護老人保健施設の基本情報と特徴

介護老人保健施設は、医療と福祉のちょうど中間に位置すると考えられている入居系の施設です。老健(ろうけん)と省略されて呼ばれることが多いです。(以下:老健と省略)

その主な特徴は、在宅復帰することが目的であるということです。リハビリテーションを行うことで在宅での生活が少しでも楽になるように、不自由さをあまり感じなくてもいいようにするというものですから、この老健に長くいることはそもそも想定されていません。リハビリテーションを主としているため、医療機関における主治医からの指示の下、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが必要に応じたリハビリテーションの計画及び実施に当たります。このとき老健では、施設にいる要介護者以外にも外部からの要介護者などの受け入れも行っています。通所リハビリテーションという事業です。自宅で暮らしながらでも、専門的なリハビリを行っていくことが可能となっています。

また、老健への入居が難しいケースの場合、この施設にいる理学療法士などが利用者の自宅を訪問してリハビリテーションに当たる訪問リハビリテーションを行うことも可能です。

介護老人保健施設のメリット・デメリット

老健のメリットとしては、主治医の指示の下、専門家が適切なリハビリテーションを行ってくれるということです。早期にリハビリテーションを行うことができれば、その後の回復も早く、日常生活が楽になる可能性があるのです。また、中長期的に利用が必要な場合にあっては、この施設に滞在することで、計画的にリハビリを進められるというメリットがあります。

その一方でデメリットとしては、あくまでリハビリを行う事業所ですから、リハビリが必要でないまたはその必要性がなくなった場合には、基本的には退去することになるという点です。したがって、特別養護老人(以下:特養)ホームなどのように期間に制限なく老健にいることができるわけではありません。

このように、老健は、リハビリテーションを受けなければならない人が入居する施設なのですが、特養への入居がなかなか難しい場合に、この施設にてリハビリを行いながら、特養の空きを待つという人もいます。あくまで例外的な取り扱いですが、それだけしても特養を待つ方が少なからず存在するわけです。なお、ベッドが空いている場合には、ショートステイの利用も可能になっている事業所です。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP