特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームの基本情報と特徴

特別養護老人ホームとは、寝たきりなどで常時介護が必要で、在宅で生活することが難しくなった高齢者が入居できる老人福祉施設の一つで、地方自治体や社会福祉法人などが運営する公的な施設です。特養(とくよう)と省略して呼ばれることが多いです。(以下:特養と省略)

入居対象者は、要介護3以上の認定を受けた人となります。寝たきりなどで介護度が重度であったり、経済的に在宅での生活が困難な状況にあったりする人から優先して入居できるようになっています。

「伝染する病気に感染していない」「長期入院が必要でない」ことが入居条件になっている施設が多いので、入所したい場合は問い合わせる必要があります。地域密着型の施設では、その地域の住民であるという事が入所条件となります。
特養で提供されるサービスは、日常生活における掃除や洗濯、食事・排泄・入浴の介助などの生活支援サービスや、レクリエーション、リハビリテーションを通した機能訓練などです。

特養は、基本的に共同生活の場としての施設です。相部屋が主体となっており、居室にキッチンやトイレ、浴室はありません。このような相部屋が主体の施設を従来型特別養護老人ホームといいます。従来型のなかでも、多床室(1部屋4人以下)と一部個室(1人および2人)の2つの部屋があります。従来型に対して存在するのが、個室が主体でユニットケア(1ユニット定員10名)を行う新型特別養護老人ホームです。現在では、プライバシーを確保できる個室と、他の入所者との交流を図れる共同生活室を備えたユニット型への移行が進められています。

特別養護老人ホームのメリット・デメリット

特養のメリットは、公的施設であるために費用の負担が少なくて済むところです。月々の利用料は、世帯の収入や課税の状況、居室の設備などにもよりますが、大体5~13万円ほどです。家賃・食費・光熱費、その他生活用品などの雑費がかかりますが、有料老人ホームなどのような一時金や預り金はありません。また、一度入所すると、退所になることは基本的にありませんので、終の棲家として暮らしていくことができます。

しかしそれゆえ特養の入居希望者は多く、なかなか入居できないというのがデメリットになっています。都市部ではほとんどの施設が満室であるにもかかわらず、財源不足から特養の新設は制限されているのが現状です。空きができなければ入居はできないために待機者が増えており、入居できるまでに数か月から数年かかる場合もあります。それに加えて介護度が重い人や、経済的な事情を抱える人が優先されるため、介護度が低い人の入居は大変困難であると言わざるを得ません。

また常勤の医師がいない施設では、医療行為に制限があります。胃ろう造設などが必要になると入居が認められないこともあるので、施設に確認が必要です。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP