健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームの基本情報と特徴

有料老人ホームの種類の1つに、健康型有料老人ホームという施設があります。健康型有料老人ホームとは、介護の必要がなく、生活が自立している高齢者のための施設です。万一のときに一人では不安などと考える方のためのサービスアパートメントの役割を果たし、60歳くらいの年齢から入居可能。露天風呂やトレーニングルームをはじめ、元気な方がシニアライフを楽しむための設備が充実している施設が数多くあるのが特徴で、共同生活をすることもないので比較的若い高齢者が自分のペースで暮らせます。

この施設は、民間事業所が運営しているものが多く、予算的には高額な傾向にあります。施設によってシステムの違いはありますが、一般的には入居一時金などの初期費用と毎月の利用料金から成り立っています。有料老人ホームの中には入居一時金0円という施設もありますが、健康型有料老人ホームの場合には他の施設に比べて比較的高い金額で設定されています。毎月の利用料金には、管理費や家賃、食費が含まれており、それ以外にも健康管理費や理容美容費、イベントのための娯楽費などが必要になってきます。

健康型有料老人ホームのメリット・デメリット

健康型有料老人ホームのメリットは、外部サービスやレクリエーションが充実しているので、安心かつ楽しい毎日を送ることができること。多くの施設が外部サービスとして、健康状態の検査や訪問理容・訪問美容などのサービスを提供しています。図書館やスポーツジム、映画鑑賞のためのシアタールームなどの娯楽設備も設置されているので、毎日その場所で暮らすとなっても暇を持て余すことがありません。健康状態が良く、日々の生活をまだまだ楽しみたいという高齢者には向いている施設であり、軽度であれば要介護であっても入居できる可能性があります。掃除や洗濯などの家事サポートが受けられ、食事は毎食支給されるので、火を使って料理をすることもなく安心して暮らすことができます。

その一方で、健康型有料老人ホームのデメリットとなるのが費用の面です。快適なサービスが用意されていることもあるので利用料金は高めであり、年齢とともに重くなる介護が重度になるほどに介護サービス費用が割高になってしまう傾向にあります。また、認知症を患ってしまうなど状態によっては退去せざるを得ないことになってしまう可能性もあります。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP