グループホームとは

グループホームの基本情報と特徴

グループホーム(認知症対応型共同生活援助事業)とは、認知症と診断された高齢者が少人数単位で共同生活を送る介護施設です。入居者は、自分の身の回りのことや家事、レクリエーションといったものを通して、日常生活の中での動きを機能訓練として活用しながら、現在の症状の改善やその進行具合の緩和を目指します

グループホームは5~9人という少人数を1ユニットとし、さらに「最大2ユニット/1施設」という小規模共同生活を行うという特徴を持っています。これは認知症を患っている人が少人数での生活に落ち着きを感じるとの医療結果から導き出された条件です。入居者を少人数および顔を見知ったメンバーに限定することにより、大勢での共同生活ではなしえないようなアットホームな雰囲気づくり・ゆったりとした穏やかな生活が送れるのです。

グループホームでは家庭に近い環境の中で、個々の入居者の生活能力に合わせてお互いが役割や担当を持ち、自立した生活を送っています。高齢化社会が進んだ近年では、認知症を患う高齢者の増加に伴いグループホームも増加傾向にあります。

グループホームのメリット・デメリット

共同生活の場であるというグループホームは、医療的ヘルプを日常的に必要とする人や重篤な認知症の症状が出ている人の入居は難しくなっています。理由は、グループホームにおける看護職員の配置は原則的に基準とされておらず、医療ケアの面では弱い部分があるためです。

グループホームのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。
・認知症高齢者の介護を安心して任せられるので、日常的に介護をしてきた家族の心身的負担が減る。
・認知症高齢者本人も少人数での共同生活ということで、落ち着いた時間を過ごすことができる。
・今できる能力を引き出して活用するため、認知症改善を目指せる。

様々なメリットがある反面、以下のようなデメリットもあります。
・医療ケアのために通院が必要な場合や入居後のトラブルにおいて、家族の協力が不可欠となることが多々ある。
・医療ケア依存度が高くなると退所しなければならなくなる。
・施設の数は増加してきているが、絶対数としては現在もまだ少なく、長期入所となるために待機期間が長くなる。

また、地域や施設によって細かい基準・対応が異なりますので、利用開始前に各施設に見学に行ってみたり、確認する必要があります。費用については、有料老人ホームよりは低く設定されてはいますが、家賃前払いとしての入居一時金が必要となる場合が多いようです。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP