住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームの基本情報と特徴

住宅型有料老人ホームとは、介護付き有料老人ホームとは違い、生活の一部を援助することを目的とした施設のことです。受けられる援助は、買い物の代行、洗濯、食事の準備、掃除などが主なものです。

身の回りの最低限のことは自分でできる方や、自分でできる限りのことをしたいと思う方に使いやすい施設となっています。介護を受ける施設ということではなく、手助けが必要な部分を援助してもらえる高齢者専用の住宅ということになります。本人の必要に応じてサービスを受けられる施設です。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの大きな違いは、介護をしてくれるスタッフが常に施設に居るか居ないかという点です。住宅型有料老人ホームでは、自分で介護サービスを頼んでスタッフに来てもらい、サービスを受けます。

施設にもよりますが、施設に併設して介護専門の事業所が設けられていることがほとんどですので、安心して暮らすことができます。施設と提携している外部の介護サービスに依頼する場合もありますので、事前に詳細を確認することが大切です。

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

住宅型有料老人ホームのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリットは、比較的自由な生活が送りやすく、ストレスを抱えにくいという点です。自分でできることに関しては自分のペースで行うことができますし、援助が必要な部分を選んでサービスを受けることができます。そのためストレスを感じる機会も少ないですし、要介護度の進行を防止することにも繋がるという利点があります。他にも、施設によっては様々なレクリエーションを楽しめるようになっている施設もあるため、楽しい時間を過ごすことも可能です。

住宅型有料老人ホームのデメリットには以下のようなものが挙げられます。介護を受けなければならない部分が増えて来てしまった場合は介護サービス付きの施設に移らなければならない点、入居するための費用が高めである点、また介護のサービスごとに料金が発生しますので、介護保険の上限を超えやすく費用も高くなってしまう可能性がある点などです。

住宅型有料老人ホームには、このようなメリット・デメリットがありますので、しっかりとご自分やご家族の必要を見極めて施設を選ぶことがとても大切になってきます。メリットだけに目を向けすぎないようにすることも重要です。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP