介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームの基本情報と特徴

介護付有料老人ホームとは、各都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受けた有料老人ホームのことです。特定施設入居者生活介護とは、在宅サービスの1つですが、自宅ではなく介護保険の指定を受けた、介護付き有料老人ホーム・軽費老人ホーム・養護老人ホームなどで暮らし、かつ、介護認定を受けた人が利用出来るサービスです。ケアプランに基づき、食事や入浴の介助・排泄介助などの介護サービスを実施して各入居者の居室の掃除・衣料品の洗濯などの基本的な日常生活への支援、他には健康管理・健康相談を行います。

これらは介護保険の対象となります。それぞれの介護度に応じて1日当たりの費用は介護保険1割自己負担額が定額となるので、一番介護度が高い要介護5の方でも費用捻出の面でかなり心強いと言えます。

介護付有料老人ホームは常にスタッフが24時間体制で勤務しているので、深夜に不測事態が起こったとしてもすぐに対応できます。また、医療機関と連携している施設も多いのが心強いところです。また、施設によっては24時間の看護体制を整えている施設もあります。その分費用が高い施設もあるかとは思いますが、いつ何があってもすぐに応急処置が可能なので安心できます。
施設によっては人工肛門・胃ろうなどの医療行為が必要な方でも入居できる施設もあるので事前に調べておくと良いでしょう。

介護付き有料老人ホームのメリット・デメリット

介護付有料老人ホームのメリットとデメリットをご紹介致します。

メリットは、上述の通り施設によっては看護師が24時間体制で勤務しているので臨機応変に対応できる点です。身体がほとんど動かせない・認知症状が強い方でも、介護スタッフが衣食住のサポートをしてくれるので安心して任せられます。

病院の様に決められた生活ではなく、どの様な生活を送りたいか利用者の気持ちを優先しようという施設が多く、カラオケ・将棋・碁などの娯楽も施設によって様々あるので、施設見学の際には案内・説明をしてくれるスタッフに聞いてみましょう。 介護付き有料老人ホームは、費用が高い分、施設内や外装が綺麗であったり、自立でも要介護でも暮らしやすい設備が整っていたりというメリットもあります。色々な施設を見学し、見比べて合った施設を探されることをオススメします。

次にデメリットですが、施設により基本料金は異なるものの介護付有料老人ホーム自体の入居料は高めです。介護施設の一つである「特別養護老人ホーム」は入居待ちが多いほど格段に安いという傾向があり、最初は有料老人ホームに入居しても特別養護老人ホームの空きが出たらそちらに移る方も少なくありません。

また、利用者がけがや病気などで病院に入院している期間も入居料はかかるので費用的に苦しいという所も注意すべきでしょう。

入居を考える際は、「日常生活の自由と制限」「娯楽」「医療」「費用」のようなポイントを比べ、どこが本人にとって一番良い施設なのかを検討しましよう。

老人ホームについての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP