老人ホーム・介護施設の種類について

老人ホーム・介護施設の種類について

自分の両親などの身内が高齢になり介護が必要になった場合には、全ての人が在宅で介護ができるとは限りません。両親と別居している人や仕事などの都合で在宅介護ができない場合には、老人ホームなどの介護施設を利用することになります。

介護施設にはいろいろな種類の施設があり、介護施設の種類によってサービスの内容や料金に違いがあります。介護施設を利用する際には、介護施設の種類とサービスの内容や料金などを事前に知っておくことが非常に大事です。

3f034bb002363b8dd6316ab1b63e42cf_l

介護施設は大きく分けると民間型と公共型の2種類の施設があります。
民間型の介護施設には、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅やグループホームなどがあります。マンションタイプでは、シニア向け分譲マンションがあり、バリアフリー化されたマンションで暮らせます。

公共型の介護施設には、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがあります。地方公共団体が運営しているケアハウスや養護老人ホームも該当し、最適な施設を選んで入所することができます。

これらの介護施設は、要介護度や認知症の有無などによって入所することができない場合があるので、事前によく調べておくことが大切です。

民間型の老人ホーム・高齢者向け住宅

民間型の老人ホームのうち、介護付有料老人ホームは、自立できる高齢者から認知症の高齢者まで、基本的には介護度に制限されることなく入所することが可能です。施設には介護福祉士などの介護職員が常駐しており、生活援助と身体介助サービスを受けることができます。費用は施設によって異なりますが、月額15万円から35万円程度です。

介護付有料老人ホームよりも安い費用で入所できる民間施設を希望する人には、グループホームが最適です。グループホームの料金は月額12万円から20万円程度ですので、介護付有料老人ホームよりも安い費用で入所することができます。グループホームは認知症を患う高齢者が入所することが可能な施設です。

公共型の介護施設は民間施設よりも料金が安いことが大きなの特徴です。特別養護老人ホームの場合は6万円から15万円程度で入所することができ、施設によっては民間施設の半値以下の料金で入所できる場合もあります。ただし、公共型の場合は、介護度に関して入居条件がある施設もあるので、状態に合った施設を選択することも必要です。

民間の介護施設と公共の介護施設を比較すると、サービスの内容は民間の方が優れているケースが多く、料金は公共の施設の方が安いです。

老人ホームについての関連記事

【関連キーワード】
介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP