アルコール性認知症

アルコール性認知症とは

認知症にも様々な原因がありますが、その一つにアルコールを多量に飲み続けたことが原因で、脳血管障害やビタミンB1欠乏によって栄養障害を起こし、認知症となることもあります。脳血管障害が起こらなかったとしても、多量にアルコールを飲み過ぎただけでも脳が萎縮することが考えられています。アルコール性認知症は高齢者だけではなく、若い世代でも見られるものです。

アルコール性認知症の症状としては、原因の一つであるコルサコフ症候群の症状があります。これは、物忘れなどの記憶障害や周囲の状況や様子を理解することが難しくなる見当識障害が見られやすくなります。少し前のことを覚えていることができないために、今現在、どのようなことが起こっているのかは分からないということがあります。場合によっては作り話が混ざっている場合もありますが、この作り話についても故意に嘘をつこうとしているわけではなく、覚えていない部分を覚えていることで繋ぎ合わせることで埋め合わそうとしているために起こるものです。

その他にも運動機能が低下し、歩くことが難しくなったり、意欲がなくなる、攻撃的になる、幻覚が見えるなどのアルコール依存症と同じような症状が見られることもあります。

治療・予防

アルコール性認知症は普段の生活を改善することで、予防できる可能性があります。アルコール性認知症はアルコールを多量に摂取することが原因ですので、アルコールを摂取する時には、適度な量にすることを心がけましょう。目安としては、日本酒であれば1合、ビールであれば大びん1本、ワインであればグラス1杯程度が適量であると言われています。

また、日常的にアルコールを摂取している場合には、週に1日程度でも良いので休肝日を設けることも有効です。さらに、ビタミン不足は、アルコール性認知症に関わらず認知症になりやすいと言われています。そのため、バランスの良い食事を心掛けるということも、アルコール性認知症を予防するためには重要と言えます。

アルコール性認知症では、断酒をすることによって症状の改善が見られることがあります。脳が萎縮することは飲酒の期間が長くなれば長くなるほどひどくなると考えられています。そのため、アルコールを多量に摂取する習慣から早く抜け出すようにしましょう。

アルコールを多量に摂取する理由として、ストレスが考えられます。日頃から、ストレス解消のためにアルコールを摂取することは避けるようにしましょう。

アルコール性認知症の方への接し方

アルコール性認知症は急に症状が悪化する可能性があります。そのため、普段とは異なる行動や言動が見られるようであれば、早めに病院を受診するようにしましょう。アルコール性認知症の症状が重くなってしまってからでは、改善が難しくなってしまいます。

アルコールを多量に摂取する人の特徴として、高齢者の場合には孤独であるとも言われています。家族がいない、一人暮らしであるなど、周囲の人との関わりが薄くなっていることがアルコールを多量に摂取する原因となっているとも言われています。家族がいるという場合でも、放っておかれている状態がある場合にも同様のことが言えます。家族がいる場合には、一人にせずに見守るようにしましょう。

一人暮らしでアルコールに依存しているような人が身近にいるという場合には、民生委員などに報告をするようにしましょう。適切な対応をしてもらうことが期待できます。

アルコール性認知症の症状が悪化した場合には、攻撃性が見られたり、時として暴力が見られることもあります。素人だけでは対処が難しくなってしまう場合もありますので、専門機関に相談するということも大切になります。負担が大きくなる前に市町村の福祉相談窓口に相談をしてみましょう。

認知症についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP