脳血管性認知症

脳血管性認知症とは

脳血管性認知症は、脳血管疾患を引き金として、その後遺症として認知症が発生する状態のことです。脳血管疾患とは、脳の血管が破れる脳出血、また脳の血管が詰まる脳梗塞などのことを言います。こうした疾患にかかると、脳に供給される酸素や栄養が低下するため、それにより脳機能にダメージが発生してしまいます。そのダメージによって引き起こされるのが、脳血管性認知症です。
そのため、ダメージを受けた脳の部位、その機能に著しい認知症症状が出てくるという特徴があります。一方で脳血管性認知症に共通して起こりやすい症状もあります。それが感情失禁・まだら認知症・神経症状の3つです。
感情失禁は、感情のコントロールが失われてしまっている状態のことです。些細なことで激怒したり、逆に大笑いしたり、大泣きしたりするといった症状が挙げられます。
まだら認知症とは、認知症の出方、状態に波があることです。もの忘れは目立っているけれど、判断力や理解力は低下していないとか、同じことでもできない日とできる日があるという症状です。
神経症状は、嚥下障害や手足の末端が痺れるなどの症状で、これは脳細胞にダメージが発生したことが原因です。

治療・予防

脳血管性認知症の治療に対しては、まず脳血管疾患を再発させないようにすることに重きが置かれます。
このことは命を守るという意味でも、非常に重要なことです。そしてそれと共に、認知症の症状を進行させないような治療を行います。認知症の症状が引き起こされている直接の原因は脳血管疾患です。しかし、その症状の出方や程度には、その人の性格や周囲の環境なども大きく関係しています。そのため、それらを考慮したうえで、適切な対応がとられます。
また認知症の症状や神経症状に対しては、薬による治療が選択されることもあります。そして脳血管性認知症の予防に関しては、何よりも脳血管疾患を発症させないことが1番重要です。脳血管疾患の発症は、生活習慣との関わり、生活習慣病との関わりが非常に深いと言われています。特に高血圧・動脈硬化を発症すると、血管に対するダメージは非常に大きくなります。その結果、些細なことで脳の血管が破れてしまったり、詰まってしまったりすることも考えられるので、食生活に気を配り、適度な運動を習慣づけ、規則正しい生活をすることが求められます。また脳血管疾患は、発症後に速やかに適切な対策をとることが何よりも重要です。そのため、日頃から自分や周囲の人の健康状態に目を向けておくことも予防法の1つとなるのです。

脳血管性認知症の方への接し方

脳血管性認知症の方への接し方については、一般的に認知症の方と関わる際に気をつけたいことと同じで、脳血管性認知症の方の言動を否定しないこと、柔らかい物腰で接すること、うまく気をそらせることなどがポイントとして挙げられます。
ただし脳血管性認知症の場合、感情失禁が出ている時には、接し方に迷うことも多いかもしれません。些細なことに笑っている、あるいは落ち込んでいるという場合は、こちらとしても接しやすいですが、困ったのが激怒しているという場合です。この場合、激怒している人に激怒する、あるいはその態度を拒否する、否定するということは絶対にやってはいけない接し方です。これは信頼関係が崩れてしまい、その後の介護拒否に繋がってしまう可能性もあるためです。
脳血管性認知症の人の場合、怒っている理由が自分でもはっきりと理解できない、口でうまく説明できないことが、いら立ちや怒りに繋がっていることも考えられます。その怒りの原因としては、その人が置かれている環境に対する不満であったり、あるいは介護する人の些細な言動に対する不満であるかもしれません。そのため、何に対して不満を募らせているのか、何に対して怒りを抱いている可能性があるのかといったことに対して想像力を膨らませて、そのポイントを掴むことが大切だと言えます。

認知症についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP