レビー小体型認知症

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症は認知症のひとつで、アルツハイマー型認知症に次いで患者数が多い認知症でもあります。アルツハイマー型認知症が女性に多いのに対し、このレビー小体型認知症は、男性に多いと言う特徴があります。

レビー小体型認知症のレビー小体とは、神経細胞にできる特殊なたんぱく質になります。レビー小体型認知症になると、このレビー小体が脳の大脳皮質や脳幹などに集中します。こうした場所は、思考や呼吸などに対して重要な役割を果たしているため、その部分にレビー小体が集中すると、神経細胞が壊れやすくなってしまい、神経伝達がうまく行われにくくなることから、認知症症状が発症するというメカニズムです。
レビー小体型認知症の症状としては、初期の段階からもの忘れよりもはっきりとした幻視を見ることが多いという点が挙げられます。誰もいないのに、小さな女の子がいると言ったり、虫や蛇が部屋にいて怖いと訴えたりするような症状です。
また自己や他者、場所に対して誤った認識をしてしまうことも多くあります。例えば、自分はまだ若いと思い込んだり、家族が知らない人と入れ替わっていると訴えたりするなどです。そして症状の程度にばらつきがあり、状態の良し悪しを繰り返しながら、少しずつ症状が進行していくと言うのもレビー小体型認知症の特徴のひとつです。

治療・予防

レビー小体型認知症の治療に際しては、完治させるための治療法や薬は、今のところはありません。
ただはっきりとした幻視や認知機能に対する誤りに対しては、アルツハイマー型認知症に利用されている治療薬を用いることで改善が期待できるとされています。
また漢方のひとつ、抑肝散にも幻視や、それを招く要因のひとつである気分の落ち込みに対する効果が期待できるとされています。そしてレビー小体型認知症では、小刻みな全身の震え、突進するような歩行と言ったパーキンソン症状が見られることもあります。そのため、こうした症状が見られる場合には、パーキンソン病の治療に使用されている薬が利用されることもあります。

次に予防に関してですが、これも他の認知症に比べると、これと言った方法が確立されていないのが現状です。
しかし症状の進行を遅らせるためには、早期発見が必要なのは確かなことです。レビー小体型認知症で顕著に出てくる幻視は、周囲の人には真剣に取り合ってもらうことが難しい症状と言えます。ですから、家族などの周囲の人が幻視などを訴えるようになった、そしてそれと共に認知機能に不安な点が見られたと言う場合は、早急に医療機関に相談をすることが、症状の進行を少しでも遅らせるためには必要なことと言えます。

レビー小体型認知症の方への接し方

レビー小体型認知症の方との接し方ですが、まず幻視を訴えている場合、それを否定するのは絶対にしてはいけないことです。この場合は、その方の幻視を認めつつ、上手に気持ちや意識を別のところに誘導するのが最適です。またこの幻視に関しては、その人の気分、服用している薬が大きく影響をもたらすこともあります。そのため、できるだけ快適に本人が過ごせるような環境作りを心がけ、また、利用している薬との相性を、その人の状態を観察しながらチェックするようにし、もし不安な点があった場合には、医師に相談することが求められます。
それからレビー小体型認知症の人で気をつけたいのが、パーキンソン症状による歩行時の転倒です。例えば、幻視によって怯え、その場から逃げようとして転倒してしまうなどです。これは特に気分が落ち込んでいる時、状態が悪い時には起こりやすいことです。ですから、こうしたアクシデントの発生に備え、できるだけその人の近くにいて見守ることも求められます。
また、こうしたことから、動作が遅くてもそれを急かさない、本人をびっくりさせるような接し方はしないということも必要なことです。後ろから声をかけるということも、本人を驚かせる可能性があるので気をつけましょう。

認知症についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP