認知症とは

認知症とは

認知症とは、色々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたために様々な障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことです。厚生労働省研究班の調査では65歳以上の高齢者のうち発症している人は推計15%で2012年時点で約462万人に上ることが明らかになっています。前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算です。

さらに、2015年1月厚生労働省により、2025年の患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えると発表されました。これにMCI患者数を加えると、約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が患者とその予備軍といえます。
ninchisho1 認知症は「もの忘れ」と間違われやすいですが、この2つは別のものです。誰でも年齢とともに、物覚えが悪くなったり、人の名前が思い出せなくなったりしますが、これは脳の老化によるもの忘れです。記憶の一部を忘れたりしますが、記憶の帯は繋がっています。

一方、認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態で、記憶全体が抜け落ちてしまいます。最終的に認知症ともの忘れの違いとしては、日常生活に支障が出るかであり、認知症では日常生活に支障が出てくるようになります。認知症は判断能力が低下するのに対し、もの忘れによる判断能力の低下はないのです。また、認知症は徐々に進行しますが、もの忘れはあまり進行しないという違いがあります。

認知症の症状

認知症の症状は大きく2つに分けられます。1つ目の症状は一般的に誰しもが抱える症状で「中核症状」といい、直接の原因で「脳の細胞が壊れる」ことで起こります。代表的な症状は記憶障害で、記憶ができないために、直前に起きたことでも思い出せなくなります。脳が正常だった頃に記憶した過去の記憶は残っていますが、症状の進行とともに、それらも失われていきます。その他にも筋道を立てた思考ができなくなる判断力の低下や、時間や場所など、自分が置かれている状況を正しく認識できなくなる見当識障害などがあります。

2つ目の症状としては「周辺症状」で、これは「行動・心理症状」とも言われます。これらは、必ずしも全員に起こるのではなく、本人が元々の性格や生活環境、介護者との人間関係によって大きく左右され、複数の症状が重複する方もいるため多様化します。

代表的な症状は「徘徊」で、見当識障害のため自分の居場所が分からなくなり、歩き回るようなことです。自宅へ帰れなくなることもあり、年間1万人以上の認知症の人が徘徊によって行方不明となっています。

他の症状として、理解力・判断力の低下があります。これらが低下すると、現状を理解することが難しくなり、その場に相応しくない態度をとる感情障害に繋がってしまうこともあります。その他にもうつ・暴力や暴言・幻覚や幻聴など症状は様々です。

認知症についての関連記事

介護何でも番付
Ranking
  1. 人材紹介会社ランキング
  2. 介護資格会社ランキング
  3. 民間介護保険ランキング
編集オススメ記事
Topic

編集オススメ記事

kaizyonoimeigi1 【第3回】介護士の女性ってどんなイメージ?20~40代男性に異性としての魅力を聞いてみました!

介護女子、いわゆるカイジョの恋愛事情などを検証する特別企画。第3回目となる今回は、20代から40代の…

201701271 外国人介護福祉士が急増する!?介護人材不足の切り札になり得るのか!

皆さんの介護の現場で人手は足りていますか? 忙しくて、疲れ切っている…。こんな状況は打開したいもの。…

介護士に向いている人、向いていない人 徹底分析!介護士に向いている人・向いていない人の考え方の差

介護士の仕事内容とは?介護士の仕事は大きく分けて、要介護者である利用者の方の身体介助と日々の生活…

PAGE TOP